HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 8月の料理 「ナスとキュウリのあっさり漬け」

8月の料理「ナスとキュウリのあっさり漬け」

簡単でおいしい! 野菜料理は日本酒にぴったり


絢子

初めまして。フードコーディネーターの中橋絢子(なかはし あやこ)です。
私は簡単お手軽、“一粒で二度美味しい”が好きな言葉の食いしん坊です。旬の食材を使うと美味しいだけでなくて、お買い得なことも多いのでそんな旬ならでは色んな楽しみもお伝えしたいと思います。よろしくお願いします。

大介

初めまして、日本酒大好き人間です。
つまみなしにお酒を飲まないので、めんどくさい男といわれますが、日本酒は最高の食中酒。料理と合わせる日本酒の楽しさをご紹介したいと思います。よろしくお願いします。

絢子 自宅で自分が作れる!というのを大切にした料理をご紹介していきますよ。
大介 それはいいですね!
私はお店で飲むのも大好きですが、自宅でのんびり飲むのも好きです。家ですと自分の好きな銘柄の日本酒が飲めますからね。料理もお酒を考えて作れたら最高ですね。
絢子

今回は第一回ですが、気合いの入った料理より本当に簡単で美味しいものをご紹介したいと思います。旬の野菜は、それだけでも十分に美味しいのであまり味をつけずに、お酒のつまみになるためのちょっとの味で抑えようと思います。

大介 これは楽しみですね。田舎育ちの私は、畑によく夏野菜を取りに行きました。旬の野菜は格別ですね。日本酒はよく野菜と合うので私も楽しみです!
絢子 わかりにくいところがあったらどんなことでもメールを下さいね。
では、ご紹介していきます!

作り方

<分量> 2人前 調理時間:5分(目安)
キュウリ 1本
ナス 1本
茗荷(ミョウガ) 1個
白ゴマ 小さじ1 /4
小さじ1 /4
薄口醤油 小さじ1 /4

ナスとキュウリのあっさり漬け



ナスは縦半分に切って薄切り。キュウリは輪切りにする。
絢子

歯ごたえを楽しむために、あまり薄く切り過ぎないようにするのがポイントです。

ミョウガは和える直前に縦半分の小口切り。(ぎりぎりに切る事で、香りが残りやすい)
キュウリとナスをボウルに入れ塩を加え、手でよくもむ。
野菜がしんなりしたら、薄口醤油とミョウガを加えてさっと和える。
器に盛り付けたら、上からさっと炒ったゴマをふりかける。
梅干しをそえて食べると普通に食べるあっさり付けの美味しさと、梅肉和えの爽やかな味わいが楽しめて一皿で二度おいしい料理になります。

絢子

本当に簡単なので、作り置きせずに新鮮な野菜でつくるのが美味しく食べる秘訣です。

大介

ホントに簡単ですね。私にもできそうです。

印刷用レシピページを表示


この料理におすすめのお酒

日本城 生酒

日本城生貯蔵酒

吟醸造りによりソフトな香味を持ち、飲みやすさを一歩前進させた酒。アルコール度数をワインに近づけている為、ワイン感覚に楽しめます。白ワインに勝るとも劣りません。
詳細を見る




この料理の“ウリ”!

ナスとキュウリのあっさり漬け
絢子

ミョウガも夏野菜なので香りがいいですよね。梅干しをそえると“一粒で二度美味しい”でしょ。

大介

梅干し意外にあいますね。マリネとか酢を使ったサラダより、梅の酸味が私は好きかもしれません。梅を合わせたりあわせなかったりすると本当に二つの味が楽しめますね。



料理の味わいと日本酒との相性


日本城生貯蔵酒と一緒に
大介

旬の瑞々しい野菜に合わせたいのは、日本城生貯蔵酒
さっぱりとした生に近い野菜にあわせるために、さっぱりとしたアルコール分13度のすっきりとして爽やかなお酒を選びました。海外では、ベジタリアンや和食への評価の中で日本酒が注目されているんですよ。肉食文化の中で生まれたワインと違い、日本酒は野菜に合う!というのが実は評価される理由なんです。


絢子

このあっさり漬けは、本当の漬け物と違って塩分は僅かなんですけど十分にお酒に合いますね。生野菜の青臭い感じも日本酒が綺麗に受け止めて旨味に変えてくれていますね!

食材ピックアップ

【なす】

今では年中食べられるなすですが、6〜8月が旬の夏野菜です。なすの紫色はナスニンという成分で抗酸化作用があることがわかっています。アクが強いため、すぐに調理したり、水につけておかないと変色するがアクの正体はそのほとんどがポリフェノール類であるからこちらにも抗酸化作用が期待できます。

【キュウリ】

7〜8月が旬のキュウリは、みずみずしさと爽やかな香りが涼しさを運んでくれます。カロテンやカリウムが豊富に含まれており、カロテンには抗酸化作用、カリウムは血圧を下げる効果や、利尿効果がある。

【みょうが】

香りと歯触りで人気の薬味みょうがは、7〜9月が旬の夏野菜。切ってから水にさらすとあくが少なくなるが、長時間さらすと香りがなくなるのでご注意を。

【梅干し】

和歌山といえば南高梅の梅干し。今回の梅干しはしそ漬けの綺麗な赤色が目に鮮やかです。梅はクエン酸 の酸味が唾液の分泌を促して消化吸収を良くしてくれます。また、疲労回復などの薬効があるとされています。戦国大名の上杉謙信も酒の肴として愛したと言われており、その酸味と塩分がお酒を美味しくしてくれます。


中橋絢子 フードコーディネーター
中橋絢子(なかはしあやこ)

管理栄養士の資格を持つ、駆け出しフードコーディネーター。
若さと食いしん坊な一生懸命さで作り上げる料理は美味。
「簡単お手軽」、「一度で二度美味しい」が好きな言葉という彼女は、
創意工夫でご家庭で気軽に日本酒が楽しめる料理を提案してくれます。

(2006年8月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白