HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

1月の料理「柿なます」

おせちに一品プラスして!色鮮やかに日本酒の香りを謡いあげる。


絢子 あけましておめでとうございます。今年も美味しくお酒が引き立つお手軽料理をご紹介していきたいと思います。
大介 あけましておめでとうございます。私も料理に合ったお酒の提案や、飲み方に今まで以上にこだわってご紹介できたらと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
絢子 さて、新年第一号の料理は、柿なますです。保存もできますので、作り置きもできますよ。
大介

なますは、幼い頃はよくそのうまさがわかりませんでしたが、改めて味わうと素材の味わいが生きて美味しいですね。

絢子

旬の大根を使うから、みずみずしく、歯ごたえも十分に楽しめます。簡単お手軽ですし、柿の味わいがマッチしてとっても美味しいですよ。では、ご紹介いたします。

作り方

<分量>  2人分  
大根 150g(10cm分くらい)
人参 50g
小さじ1
1/2個
大さじ2
大さじ2
砂糖 大さじ1
ほんだし 小さじ1
小さじ1/3
ゆずの絞り汁 小さじ1

柿なます

この料理におすすめのお酒:
日本城大吟醸



1 大根と人参をせん切りにしてボウルに入れ、塩を小さじ1加えてよくもみ、水でさっと洗う。
2 ボウルに調味料を合わせてよく混ぜ、水気を絞った1.とやや太め(食感を楽しむため)のせん切りにした柿を加えてあえる。
3 最後にゆずの絞り汁を加えて、お皿にこんもりと盛り付ける。

印刷用レシピページを表示


この料理におすすめのお酒

日本城−大吟醸

日本城 大吟醸

長時間丁寧にかもしたお酒。なめらかな味。優雅な香りのお酒。

詳細を見る

容量1.8L
価格¥3,308(税抜)

カゴに入れる

容量720ml
価格¥1,654(税抜)

カゴに入れる

この商品について問合せる

※蔵から直接お届けします。





この料理の“ウリ”!

柿なます
絢子

普段のなますに柿をプラスするだけで、見た目も食感も楽しめる一品になります。

大介 本当に色合いが豊かで見た目から美味しそうですね。とてもさっぱりして名脇役の味わいですね。


絢子 おせちの一品としてもおすすめです。ごちそう続きで疲れた胃にも優しいですよ。
お正月などに、おいしい日本酒と一緒にどうぞ!
大介 柿と大根の相性は大丈夫なのかと思いましたが、自然な甘みが追加されて、とても良い旨味を感じさせてくれますね。
絢子 柿は、干し柿2個にかえてもおいしくできますよ。料理の隠し味に果物は大活躍してくれます。これもその一例です。酢豚にパイナップルは抵抗のある人も、なますの柿は加熱しませんので抵抗感が少なくてすむと思います。是非お試しください。

 

料理の味わいと日本酒との相性

じゃばら酒と一緒に
大介 今回の料理は、まさに和食!といったものですし、何せお正月ですから少し奮発して『日本城大吟醸』を合わせてみたいと思います。
絢子 とても豊かな香りがしますね。フルーツのような、そうリンゴや、熟したマンゴーのような香りですね。味わいはとってもすっきりとしています。
大介 今回の『日本城大吟醸』は山田錦を50%まで磨き、手作りで丁寧に醸した逸品です。豊かな果物のような香りは、丁寧に作られた証拠でもあります。米を磨き上げているため、すっきりした透明感のある味わいに仕上がるのです。

絢子 大根、にんじん、柿、といった、野菜や果物の中でも優しい味わいのものに寄り添ってくれるような印象ですね。
大介 そうです。まさにそれが日本酒の真骨頂です。日本酒は、酒自体の味わいを自己主張するだけでなく、野菜のような素材そのものの素朴な味わいも十二分に引き立ててくれるのも魅力です。今回の大吟醸は特に、野菜の繊細な味わいを引き出してくれたと思います。

食材ピックアップ

【柿】

柿は和歌山県が全国一位の生産量を誇ります。ビタミン類・鉱物質に富み、なんとビタミンCはリンゴの20倍、みかんの2倍にもなります。カリウム・ペクチンが豊富に含まれ、ナトリウムを体外へ排出する作用があるそうです。他の果物には少ないビタミンAも多く含み、他ビタミンK・B1・B2・カロチン・タンニン・ミネラル等も含とても優れた果物です。酒飲みにうれしいのは、2日酔いに効くといわれるビタミンCとタンニンが含まれているため、血液中のアルコールを体外へ排出してくれる効果です。

【大根】

みずみずしくて張りがあり、なめらかでつやのあるもの、大きさの割にずしりと重いものが良い大根です。根は、そのほとんどが水分でわずかに炭水化物が含まれるだけです。このわずかに含まれた炭水化物が加熱されることにより、辛みから甘みに変化する味わいの元となります。冬の食物繊維の供給源として、またでんぷんを分解する酵素が含まれていることから、米を主食とする日本人には欠かせない大切な野菜です。

【酢】

酢については、過去のご紹介を参考にしてください。
9月の料理(2006年)「アジの南蛮漬け」


中橋絢子 フードコーディネーター
中橋絢子(なかはしあやこ)

管理栄養士の資格を持つ、駆け出しフードコーディネーター。
若さと食いしん坊な一生懸命さで作り上げる料理は美味。
「簡単お手軽」、「一度で二度美味しい」が好きな言葉という彼女は、
創意工夫でご家庭で気軽に日本酒が楽しめる料理を提案してくれます。

(2007年1月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白