HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 2月の料理 「水菜と長いものサラダ」

2月の料理「水菜と長いものサラダ」

ノンオイルでおやすみ前の一杯にも。旬の野菜の食感を楽しむ。


絢子 今日は水菜と長いもを使ったサラダをご紹介したいと思います。
大介 水菜は少し前までは京都野菜だけの呼び名で、他県で作られたものは京菜といわれてましたけど、しゃきしゃきとした食感とえぐみのない食感ですっかり全国区の野菜になりましたね。
絢子 水菜は1月〜3月に出回りますが、2月が最盛期で葉も柔らかくおいしいです。この時期はだいぶ安くなるので私の家でもかなりの登場回数です!
大介 やすくておいしい旬の野菜は最高ですね。水菜のサラダは私も大好きです。
絢子 今日は日本酒に合うように少しアレンジを加えてみました。
大介 おお、それは楽しみですね。今日は器をちょっといい錫のものを使ってみました。あわせてお楽しみください。

作り方

<分量>  2人分  
水菜 1 / 4束
長いも 50g(5cm幅くらい)
人参 20g
ちりめんじゃこ 5g
   
*ノンオイル梅ドレッシング
梅干し 1個(種をとっておく)
大さじ2
砂糖 大さじ1
少々
青じそ 1枚(みじん切り)
大さじ2

水菜と長いものサラダ

この料理におすすめのお酒:
日本城本醸造酒



1 水菜は根元を落として水でよく洗い、3cm幅に切って冷水にさらしておく。長いもは皮をむき、短冊切りにしておく。(拍子切りだと、なお食感が楽しめます)人参は皮をむいて千切り。ちりめんじゃこはフライパンでから炒りして冷ましておく。
2 ノンオイル梅ドレッシングの材料はボウルに入れてよく混ぜておく。
3 水菜と長いも、人参を混ぜて皿に盛り付け上にちりめんじゃこをのせて、ノンオイル梅ドレッシングをかけて出来上がり。
  • 梅干しのかわりに練り梅でもよい。
  • 水菜、長いもは洗い過ぎないように。
  • 長いものかわりに大根を使ってもおいしい。

印刷用レシピページを表示


この料理におすすめのお酒

日本城−本醸造酒

日本城 本醸造酒

軽快なる香味をもって、濃醸にて風味良好なお酒です。

詳細を見る

容量1.8L
価格¥2,048(税抜)

カゴに入れる

この商品について問合せる

※蔵から直接お届けします。





この料理の“ウリ”!

水菜と長いものサラダ
絢子

水菜と長いもの違った食感を楽しめる一品です。ノンオイルの梅ドレッシングとの相性抜群です。特に長いもと梅ドレッシングは好相性ですね。

大介 まさに食感が楽しいですね。水菜のシャキシャキ感と、長いものシャリシャリ感がたまらないですね。なかなか似た食感はないですね。


絢子 梅干しじゃなくて練り梅でもおいしくできます。これも5分ほどでできます。このドレッシングの材料に大さじ1のごま油を少しずつ加えながら泡だて器で混ぜて乳化させてあげると、ふつうのドレッシングもできます!
大介 簡単お手軽ですね。梅干しは冷蔵庫に入れておいて損のない万能保存食ですね。最近では、練り梅にもこだわった商品が増えているので、練り梅も便利かもしれませんね。いろんな工夫でパターンが広がりますね。
絢子 長いもはあまり洗いすぎないでくださいね。水菜もあまり水につけすぎると、水っぽくなったり、栄養価が失われてしまうのでご注意くださいね。長いもの代わりに大根を使ったサラダにしてもおいしいですよ。是非お試しください。

 

料理の味わいと日本酒との相性

水菜と長いものサラダ

本醸造酒と一緒に

大介 今日は当蔵の定番の特別本醸造をご紹介致します。自分で言うのも何ですが、この味わいで税込2048円はなかなかだと思います。今日は簡単お手軽なサラダだったので、日常の酒と言うことで本醸造をあわせてみました。今日は40度弱のぬる燗でご提供します。
絢子 冷やでも味わいましたが、燗にすると味わいの優しさ、包み込むような旨味が広がってきますね。
大介 この本醸造の最大の特徴は、しっかりとした旨味です。燗にすることによって全体の味わいがまとまって、体に素直に広がっていきますね。

絢子 今回のサラダのドレッシングは、油を使わないので夜中に一杯…と思った時のお供に最適です。
大介 さすがですね。女性ならではの視点ですね。梅や、酢と日本酒の相性はいいですからね。燗をつけて、ゆっくりと晩酌すると一日の疲れも吹っ飛びます。ちりめんじゃこをかけてくれるあたりも心憎いですね。さらに日本酒が進みます。
絢子 サラダに日本酒があうというのも驚きですけど、ノンオイルにすることによって、さらに日本酒との相性がましますね。ちりめんじゃこだけじゃなくて、鰹節なんかをかけても日本酒とよく合います。
大介 今回は、錫の酒器で燗をつけたこともあり、さらにまろやかで、味わい深くなりました。本醸造が、キレや辛さだけのものと思っている方には、ぜひ当蔵の本醸造を燗にして飲んでみてほしいですね。旨味たっぷりでびっくりされると思います。

食材ピックアップ

【水菜】

葉の緑に切れ込みが深く、分けつ性が非常に強いので大株になる。『ハリハリ』と表現される歯触りの良さと、アクのないのが特徴。旬は冬で、霜に当たると柔らかくなる。

【長いも】

水気が多く粘りが少ないため、すり下ろさずに、細く切るとさくさくとした歯ざわりが生かせる。消化酵素が大根の三倍程度は豊富に含まれているとされ、でんぷんを消化することができるため、芋類の中で唯一「生で食べられる芋」である。山芋の粘り成分は、植物繊維とタンパク質が結合したムチンとよばれる成分で、胃の粘膜を保護して胃潰瘍を予防する。この粘り成分には、血糖値の上昇を抑えて、糖尿病を予防したりコレステロールを体外に排出して高脂肪血症を予防したりする働きがあることも知られている。

【ちりめんじゃこ(縮緬雑魚)】

ちりめんじゃこは関西での呼び名で比較的良く乾燥させたものを指す。関東ではシラス干しと呼ばれ生乾きの状態で出荷されていたが、現在ではその区別はあいまいになってきている。
ちりめんじゃこは、イワシ類(カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ・イカナゴなど)の稚魚を食塩水で煮た後、天日などで干した食品。ごく小さな魚を平らに広げて干した様子が、細かなしわをもつ絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えることからこの名前がついた。

【梅干し】

梅干しについては、過去のご紹介を参考にしてください。
8月の料理(2006年) 「ナスとキュウリのあっさり漬け」

【番外編】錫の酒器

熱伝導率が高いため、お酒の燗も早くできあがります。お酒の味わいも丸く、旨味が増すような感覚が味わえます。錫は人体に全く無害であり、水を浄化する作用があるといわれています。
※写真に使われている酒器です。


中橋絢子 フードコーディネーター
中橋絢子(なかはしあやこ)

管理栄養士の資格を持つ、駆け出しフードコーディネーター。
若さと食いしん坊な一生懸命さで作り上げる料理は美味。
「簡単お手軽」、「一度で二度美味しい」が好きな言葉という彼女は、
創意工夫でご家庭で気軽に日本酒が楽しめる料理を提案してくれます。

(2007年2月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白