HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 小暑の料理 「免疫力を高める夏の楽しいランチ」

小暑の料理「免疫力を高める夏の楽しいランチ」

食が進む工夫で夏バテ予防! とろり濃厚な「こいうめ酒」と


食卓

日本の夏の蒸し暑さは私達の食欲をも奪ってしまいます。そこで、楽しい食卓にすること、手軽に作れること、そして、夏バテに負けない栄養価を備えること。これらをテーマにした食事で夏を乗り切って頂きたいと思います。
今月は吉村さんから「こいうめ酒」をお送り頂き、「免疫力を高める夏の楽しいランチ」をお楽しみ頂きます。旨口シスターズのコメントもどうぞご覧下さい。



今月のお酒

こいうめ酒

本日、皆様に生山先生お薦めの料理と供に試飲していだくお酒です。

こいうめ酒

原材料:南高梅、醸造アルコール、日本酒、砂糖
アルコール度:13度

お酒解説

当店の梅酒は、すべて紀州名産の南高梅を木成り(出荷ぎりぎりまで木の上で熟させること)で完熟させており、青梅にはないフルーティな梅酒と評判です。
また、梅酒を漬けた梅はそのまま食べても美味しく、梅酒よりこちらのほうが好きだというお客様もいらっしゃいます。
梅酒も飲んで果肉も食べたいというお客様のお声に応えて、食べる梅酒を開発しました。

 


甘みを抑えた大人の梅酒です。
見た目ほど甘みは感じずフルーティな梅酒と果肉の組み合わせで「梅酒を食べているの?」と錯覚すらおこすでしょう。

ロック、クラッシュアイス、ホットなどどんな飲み方もOKです。
疲れ気味の夏場に梅酒のクエン酸パワーで夏バテをふっとばしましょう。


今月のおもてなし

七夕をイメージした「知香流」のお花を活け、ビーズとお砂で天の川を表現しました。
お玄関には和紙のお飾りや短冊を飾って七夕のしつらえにしました。

七夕をイメージした知香流のお花 お玄関に七夕飾り
1.七夕をイメージした知香流のお花 2.お玄関に七夕飾り

↑このページのTOPへ


今月の見どころ、勘どころ

テーブルコーディネート

今月は蒸し暑い季節に爽やかなテーブルコーディネートでメンバーの皆様をお出迎え致しました。
巻き簾のランチョンマットに自作の器と朱塗の「蛍絵巻」の蓋付き椀、手付きの籠・木工の作家器などで軽やかににコーディネート。目からも美味しさを味わっていただきます。



  • 色々な具と雑穀米で手巻き風に!
    1. 発酵食材キムチとひき肉で「牛ひき肉キムチそぼろ」
    2. 瓶詰なめたけで簡単レシピ「にらともやしのなめたけあえ」
    3. 健康に欠かせないネバネバ効果「ネバネバ納豆・オクラ」
  • 市販の麺つゆに豆乳を混ぜて絶品のうどんだれ、食欲がないときにもつるつると召し上がっていただける 「豆乳細うどん 梅風味

↑このページのTOPへ


今月の料理

色々な具と雑穀米で手巻き風に!

色々な具と雑穀米で手巻き風に! 色々な具と雑穀米で手巻き風に! 色々な具と雑穀米で手巻き風に!
いろいろな具を 雑穀米で手巻き風に!  

1.牛ひき肉キムチそぼろ

鶏手羽先と大豆と彩煮

<分量>  
キムチ 150〜200g
牛ひき肉 150g
   
(A)  
砂糖・醤油 各小さじ 2〜3
白胡麻 大さじ 1
   
胡麻油 大さじ 1
万能ねぎ(小口切り) 大さじ 2〜3


1 キムチは粗みじん切り、万能ねぎは小口切りにする。
2 フライパンに胡麻油を熱し、1.のキムチを加えて香りが出るまで炒め、牛ひき肉を加え、色が変わったら(A)を加えて炒め合わせ、万能ねぎを散らす。

印刷用レシピページを表示


2.にらともやしのなめたけあえ

にらともやしのなめたけあえ

<分量>  
にら 1束
人参 4cm
根切りもやし 1袋
なめたけ(瓶詰め) 適量(お味を見て)
   
(A)  
白胡麻・黒胡麻 適量


1 にらは4cmに、人参はせん切りにする。もやしは洗っておく。
2 1.の野菜をさっと塩茹でする。茹で上がったら、適量(お味を見て) なめたけと(A)を加えて混ぜ合わせ、お味が足りなければ醤油でお好みの味に調味する。

印刷用レシピページを表示


3.ネバネバ納豆・オクラ

ネバネバ納豆・オクラ

<分量>  
納豆 1パック
オクラ 5〜6本
少々
モッツアレラチーズ 20〜30g
プチトマト 4ヶ
万能ねぎ(小口切り) 適量
納豆のたれ 1ヶ
練り辛子 少々


1 オクラはまな板の上で塩をふって板ずりし、そのまま、熱湯で塩茹でしたら、氷水にさらして色止めし、小口切りする。
2 モッツアレラチーズ・プチトマトは5mm角に切る。
3

ボウルに納豆・オクラ・ねぎを入れて納豆のたれ(足りなければ麺つゆを少々たらす)練り辛子を加えて粘りが出るまで混ぜ、チーズとトマトと加えて混ぜ合わせる。

印刷用レシピページを表示


↑このページのTOPへ

豆乳細うどん 梅風味

<分量>  4人前  
細うどん 3〜4玉
きゅうり 1本
大葉(せん切り) 5〜6枚
万能ねぎ(小口切り) 3〜4本
   
(A)  
豆乳(成分無調整) 2カップ
麺つゆ(ストレート) 2カップ
すり白胡麻 大2
   
梅肉 2ヶ分

そうめん・そばでもOK!

豆乳細うどん 梅風味



1 細うどんは、たっぷりの湯で茹でて、冷水で流しながらしめる。
2 ボウルに(A)を合わせてつけ汁を作る。
3 きゅうりはまな板の上で塩をふって板刷りし、小口切りにして塩をふって揉んで、ざるに入れて水で洗い流し、しっかり水気を絞る。
4 器に1.のうどんを入れ、2.の豆乳麺つゆを注ぎ、3.のきゅうり・白胡麻・大葉・ねぎ・梅肉を添える。

これは便利!☆市販の麺つゆは保存容器や瓶に移し、干し椎茸・昆布・干しえびを入れて冷蔵庫で保存しておくと、麺つゆばかりでなく煮物などにも美味しいだしが出て利用できます。


印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ


管理栄養士のちょっと得ダネ!

健康寿命を延ばしましょう

生まれてから亡くなるまでの時間を寿命と言いますが、健康寿命とは大きな病気や障害がなく、人の手を借りなくても自分の力で生きられる時間をいいます。
医学の進歩により寿命は延びたものの、健康寿命はそうでもありません。
私たちの体は長く続いた飢餓時代を生き抜くための防御機能を備えていますが、 今日の様に食べ過ぎたり、内容が偏ったりの生活には対応できません。
最近富に多くなった癌や心臓病 糖尿病 高脂血症 痛風などは生活習慣病と言われますが、これらは読んで字の如く生活習慣が昔と大きく変わったことが原因で起こる病気です。

先人はそれほどたくさん食べなかった砂糖や油を摂り過ぎていませんか?
反対に毎食食べていた季節の野菜を忘れずに食べていますか?
良く噛んでいますか?
体を動かしていますか?
早寝早起きですか?

生活習慣を見直すことによって健康寿命は延ばすことができます。
今一度皆さんの生活を見直しましょう


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん

↑このページのTOPへ


旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

Kさん 見た目はマンゴージュースみたいで甘そうですが、甘味が強すぎず、ほんのりとして、美味しかったです。口当りもさらっとしていて飲みやすいです。梅の薬味がさっぱりした豆乳うどんと良く合います。
ぱぱっとさん 少しとろりとしたお酒ですが、甘くもなくほど良い酸味でお料理と良く合います。豆乳うどんも梅風味でさっぱりといただけました。
ミーラさん

見た目はとろりと甘い梅酒を想像させますが、一口飲めば甘味を抑えた大人のテイスト。この控えめな甘さが、お料理を引き立ててくれます。
雑穀米の手巻風の3種の具が、それぞれマッチして、何重にも味の深みを感じます。豆乳スープを絡めたうどんは、梅酒の酸味がサッパリ感を引き立てます。夏の食卓にぴったりです。

Kさん あまり甘くなくお料理に良く合う梅酒ですね!野菜たっぷりの手巻きや豆乳うどんにもすっと喉ごし良く飲ませていただきました。これからの季節のクエン酸はとても嬉しい1本ですね。
yokoさん 夏の食欲のない時には、あっさりとした豆乳うどん・手巻きとさっぱりとした梅酒はよく合いました。
Minaさん こいうめ酒 甘ったるくなくて、とろみがあって美味しかったです。
Takakoさん 普通の梅酒よりも味が濃いわりには、すっきりと飲みやすかったです。
とんとんさん 美味しすぎてゴクゴク飲みたいです。
kakaさん 私は梅酒はまわるので苦手でしたが、こちらの梅酒はまわることなく美味しく頂きました。
みどりさん 美味しく頂きました。ジュースのような甘さで、お酒の弱い私でも飲みやすかったです。色も大好きです。
H・Hさん とろ〜りとしているので、口当りも良く、身体にも良さそうです。
えのぐさん 果実分が多く、アルコール分が少ない感じがしました。野菜の塩麹漬けに合うと思います。
TTさん 濃厚な中にもさっぱりとした味わいで大変美味しかったです。
のんさん こいうめ酒とても美味しかったです。濃くて自然なお味で後口爽やかです。
C.Mさん 普通の梅酒より濃厚な感じがしました。梅酒が甘すぎないのでロックが美味しいです。
海道さん マンゴージュースみたいな色味でジューシーに頂きました。美味しかったです。
やっちゃんさん 甘味を抑えた味なので、色々な料理に合うと思いました。
MNさん 見た目マンゴージュースのようなのに、口に入れるとホワ〜〜っと梅の香りが口中に広がり、まったりと食前酒に最適です。
Yukoさん いつになくまったりとした梅酒の味が雑穀のもっちりした舌触りとコラボして相性が良く、又、豆乳のまろやかさが梅酒を溶け込ませ、お料理にも楽しめる梅酒を発見しました。

こいうめ酒

ローズママさん こってり甘口で美味しいわ。ロックでグッと。酸味が少なく、デザート酒としてもOKです。
Mさん 甘さを控え、梅の味がしっかりしていて美味しいお酒でした。どんなお料理にも良く合うと思います。
CHAEさん

こいうめ酒のジュースがデザートソースのようで、お酒の枠を超えています。贅沢な味わいです。

ひさよさん 梅酒の深い旨味が手巻きとピッタリです。中華風ラタトゥーユともピッタリでした。
エクリュさん 梅酒美味しく頂きました。シャーベットにして食べてみたいです。豆乳うどんのおだしのまろやかさがこいうめ酒の味に良く合っていました。


↑このページのTOPへ





生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2012年7月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白