HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 芒種の料理「免疫力を高めるヘルシー夏レシピ」

芒種の料理「免疫力を高めるヘルシー夏レシピ」

飲み口やわらか、スイスイ、夏専用


食卓

南北に長い日本列島、沖縄から徐々に梅雨入りが北上してまいります。今月はそんなジメジメした梅雨の時期を元気に乗り切っていただけるようなヘルシーな健康レシピのご紹介です。
食欲をそそり免疫力を高める薬味や野菜をふんだんに取り入れたレシピは吉村様からお送り頂いたアミノ酸たっぷりの日本酒にぴったり!

日本酒ビギナーの方にもおすすめの「夏専用の日本酒『車坂 涼の純米酒』」とこの季節に合わせた、「免疫力を高めるヘルシー夏レシピ」を3品ご紹介いたします。

蒸し暑い梅雨を栄養満点のお料理と吉村様の美味しい日本酒で軽やかにお過ごしいただきたいと思います。では、お酒の解説・旨口シスターズの批評もご覧下さいませ。



今月のお酒

車坂 涼の純米酒

本日、皆様に生山先生お薦めの料理と供に試飲していだくお酒です。

車坂 涼の純米酒

原材料:米(和歌山県産玉栄)、米こうじ
精米歩合:65%、酵母:901号、
アルコール度:15.8、日本酒度:-1
アミノ酸度:2.0、酸度:1.7
保存:冷蔵もしくは冷暗

お酒解説

暑い夏には冷たい飲み物をいっきにグビッと飲みたいと思う時もありますね。しかし、夏バテには冷たい飲み物よりアミノ酸補給が大切です。お酒の中で良質のアミノ酸を一番多く含んでいるのは日本酒と言われています。


そんな夏専用の日本酒「車坂涼の純米酒」は、キリッと冷やしても、そのまま室温でも美味しく飲めます。
坂道上る苦労を超えた後、坂道を駆る爽快感を味わいたいならこの「車坂涼の純米酒」をお飲みください。
パンチはあるが良質の酸で後味すっきり、さらに少し加水してあるので飲み口は柔らかくスイスイといけます。
最近、日本酒がブームになりつつありますが、美味しい日本酒を飲みたいと思っている日本酒ビギナーの方には特におすすめ! 


今月のおもてなし

今月は、金工作家 「稲垣 大」さんの蓋付きアルミ鍋を花器にお庭のお花を涼しげに活けてみました。このお鍋は大小5段階あり、一番小さい小鍋には観葉植物添え、ちろりや「般若心経」等を飾りました。
お玄関には、夏らしいガラス花器に寄せ植えアレンジを致しました。お花にも季節感を大切に器選びをしております。
「せんの会」では、メンバーの皆様に心なごむ時間を味わっていただけるよう、毎月季節のしつらえをお楽しみ頂いております。

金工作家 「稲垣 大」さんの蓋付きアルミ鍋にお庭のお花 玄関に夏らしくガラス花器に寄せ植え
1. 2.
金工作家「稲垣 大」さんの小鍋やちろりに般若心経を添えて 6月の箸帯
3. 4.
  1. 金工作家 「稲垣 大」さんの蓋付きアルミ鍋にお庭のお花
  2. 玄関に夏らしくガラス花器に寄せ植え
  3. 金工作家「稲垣 大」さんの小鍋やちろりに般若心経を添えて
  4. 6月の箸帯

↑このページのTOPへ


今月の見どころ、勘どころ

テーブルコーディネート

今月は涼しげなコーディネートを心がけ、まずは竹の巻すランチョンマットを選び、ポーセリンペインティングの「梅田裕子」先生の絵付けガラス皿等をアレンジしてテーブルコーディネートを致しました。
滋賀県永源寺門前骨董「うり坊」で求めた「あやめと蛍」の朱椀がさし色となり、テーブルに彩りを添えています。食欲が減退するこの時期には、器選びにも心遣いが欠かせません。涼しげな雰囲気を表現したいものですね!



↑このページのTOPへ


今月の料理

長芋と蟹カマのオクラ合え

長芋と蟹カマのオクラ合え

<分量>  
長芋 200g
オクラ 6本
蟹カマ 3〜4本
   
(A)  
白だし醤油 大さじ 1.5
練りわさび 小さじ 1
   
白ごま 適量
大葉(せん切り) 適量


1 長芋は皮を剥いて酢水にさらし、水気を拭き、ビニール袋に入れてたたく。オクラはへたを切り落とし、塩を振って板ずりし、熱湯でサッと茹で冷水に放つ。水気を切って小口切りにする。蟹カマは手で裂いておく。(A)を合わせておく。
2 ボウルに1.を入れ、(A)を加えて混ぜ合わせ、ねばりが出たら、器に盛りごまと大葉を添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

鯵の南蛮漬け 香味野菜たっぷり!

鯵の南蛮漬け 香味野菜たっぷり!

<分量>  
鯵(小鯵でも良い) 4匹
みょうが 4ケ
玉ねぎ 1ケ
   
(A)  
だし 1.5カップ
麺つゆ(ストレート) 大さじ 5
酢・レモン汁 各大さじ 2〜3
砂糖・はちみつ 各大さじ 1
大根おろし 大さじ 2
おろし生姜・白ごま 各大さじ 1
七味 少々
   
片栗粉・サラダ油 適量
甘酢・万能ねぎ 適量


1 ボウルに(A)の材料をすべて合わせて、良く混ぜる。
2 三枚おろしの鯵の中骨を取り、2〜3等分のそぎ切りにし、皮目に切り込みを入れ、片栗粉をまぶす。玉ねぎは薄切りにし、1.に漬ける。
3 フライパンに2cmくらい油を入れて170℃くらいに熱し、2.の鯵を入れて両面カリッとこんがり揚げる。熱いうちに1.のボウルに漬ける。
4 みょうがは縦半分に切り、せん切りにしてサッと茹で水気を絞る。甘酢に漬けて綺麗な色に発色させる。
5 南蛮漬けが冷めたら、器に盛り付け、ねぎの斜め切りとみょうりの甘酢漬けを添える。
★冷蔵庫で1週間くらい保存可能です。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

ほうれん草と豚肉のおかずサラダ

<分量>  4人前  
ほうれん草 1ワ
もやし 1/2〜1袋
トマト 1ケ
豚もも薄切り肉 200〜300g
   
(A)  
醤油・酒・おろし生姜 各小さじ 1
塩・胡椒 各少々
片栗粉 小さじ 2
   
(B)  
ポン酢 大さじ 3〜4
おろし生姜・砂糖 各小さじ 1
麺つゆ・ごま油 各大さじ 1
練りごま・すりごま 各大さじ 1
   
枝豆・サラダ油 各適量

ほうれん草と豚肉のおかずサラダ



1 豚肉は2〜3cmに切り、(A)を揉み込んでおく。ほうれん草は塩茹でし、冷水に放ち、水切りして、3〜4cm長さに切る。もやしは茹でて、水気を絞る。トマトは櫛型切りにする。枝豆は塩茹でしてさやから取り出す。(B)を合わせておく。
2 フライパンにサラダ油を熱し、1.の豚肉を加えて炒め、色が変わったら取り出しておく。
3 器にほうれん草ともやしを敷き、豚肉を盛り付け、トマトを飾り、(B)のタレをかけて、枝豆を散らす。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ


管理栄養士のちょっと得ダネ!

(廃用症候群について)

人間の体は使わなくなると衰えてきます。
それを廃用症候群といいますが、症状はよく似ていても老化とは少し違います。
私たち人間には生きていくための様々なシステムが備わっています。
例えば毎日重い物を持たなければいけない環境であれば腕や腰、足の筋肉や骨が増強されてきます。又、大きい声で話さなければいけない人は声帯や肺活量が増強されます。
逆にあまり動かない人は足だけでなく体全体の筋肉が衰えますし、殆ど話をしない人は声が小さく口の動きも悪くなります。このような症状は高齢者に限らず進行は遅いですが若者にも現れます。
食事についても、口での咀嚼から始まる昔我々が食べていた食事が一番!
飲むだけ、殆ど噛まなくても大丈夫、更には消化分解が終わり栄養素になってしまった
ブドウ糖やアミノ酸・ビタミン・ミネラル等々で済ませる事は体の消化分解機能を使わなくなり内臓が弱ってきます。
誰しもが願う健康で長生きの為には
数十億年前、地球上に生物が誕生して以来進化し続けて確立された人間本来さらには生物本来の食べ方・動き方・時間の過ごし方を見直すことです。
もちろん頭の働き(特に記憶の分野)についても使うほどに老化が遅れるそうです。
なかなか思い出せない言葉も時間をかけてでも思い出す努力。
これが記憶力回復につながります。
“健康の価値は病気になるまで分からない”
今一度日々の生活を振り返ってみませんか?


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん

↑このページのTOPへ


旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

とら子さん 夏らしいボトルがステキです。飲みやすく、長芋とカニカマのオクラ合えとはとっても合い、食がススミます。ワイン感覚でも飲めるので、純和風でなくてもよく合います。
SILKさん 暑い日にピッタリのお酒だと思いました。スッキリのお味がお野菜、お肉どちらにもピッタリでした。
Nyacoさん さっぱり夏向きのお酒で、長芋とカニカマのオクラ和えにぴったり。金魚の肩カケラベルがかわいくて良かったです。ぐんぐん飲めそうです。
SKURAさん 夏らしい涼し気なボトルに目をひかれます。さっぱりとした長いもとカニカマオクラあえとも、ぶた肉のごまぽん酢やあじなんばんなどの油を使ったお料理とも、とてもあいました。キリッとさらっとスイスイ入っていくお酒でした。
T.Hさん 飲み口すっきり、夏にぴったりのお酒だと思いました。いくらでも飲めそうな危険なお酒です。
ミーラさん

今日は、初夏、梅雨と体調管理にピッタリのさっぱりしたお料理が中心。それをさまたげない、 さらりとのどごしの良い、水の美味しさを感じるお酒でした。きりりと冷やして頂くのが良くと思います。

のんさん お水のようにサラサラと飲めるお酒です。お料理と一緒にサッパリといただけます。
M.Nさん きりっとした飲み口で、お肉や魚にもぴったり。すっきりしています。
ヤマンさん 夏向きのさっぱりしたマリネに味のしっかりしたこのお酒がうまくマッチして美味しかったです。
じゃのめさん 夏にむけてのあっさりとしたお料理にぴったりのお酒でした。
いもけんぴさん 飲みやすく、口あたりがまろやかでした
ハートさん 鯵の南蛮漬けなど、口あたりのさっぱりしたお料理にもよく合って飲み易かったです。
とっくりさん 免疫力を高めるお料理に口あたりのいい冷酒が最高でした。ブルーの綺麗な瓶も素敵で見るからに涼しげで美味しそうです。
みーしゃさん 山芋のオクラあえや鯵の南蛮漬けを引き立てる美味しい日本酒でした。つい飲み過ぎてしまいそうなお酒です。
ここっとさん あまり日本酒は飲まないのですが、今日のお料理にとってもよく合って美味しく頂きました。これからは、日本酒にも挑戦してみます。
お酒大好きさん 美味しい日本酒です。夏向きのサッパリしたお料理にとてもよく合い、お互いを引き立てていたと思います。頂いて帰ります。晩酌に楽しみです。

車坂 涼の純米酒

1056さん 南蛮漬けや豚肉にもよく合い、夏に向けてさっぱりとしたお料理にぴったりです。
さーやさん 冷たく冷やして頂くと夏にピッタリのお酒だと思います。今日のお料理とも美味しく頂きました。
H・Fさん ブルーのボトルが夏向きのお酒にピッタリでステキです。金魚も可愛い!お味もお料理を引き立て、邪魔をしない素晴らしい脇役ですね。いえいえ、主役かな?!
こーやさん とっても美味しく頂きました。「鯵の南蛮漬け」によく合っていました。
MMMさん 今日のお料理も美味しかったですが、このお酒を飲みながら頂いたのでより一層美味しかったのだと思います。お酒って凄いですね。お料理には欠かせないです。


↑このページのTOPへ


生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2014年6月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白