HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 大寒の料理 「冬の温かいお料理と美味しい日本酒」

大寒の料理「冬の温かいお料理と美味しい日本酒」

新年会や節分にぴったり。温かいお酒とお料理でほかほか。

新年明けましておめでとうございます。今年は大雪の新年となりましたが皆様如何お過ごしでしょうか? お正月はお節料理をたくさんお召し上がり頂いたことと思いますが、寒さの厳しいこの時期には、身体の中から温まるお料理と美味しい日本酒で食卓を囲みたいものですね。
新春のお飾りもお楽しみ頂けるよう、お教室のしつらえをご覧いただき、吉村様からは冬のお料理を引き立てるお勧めの日本酒もご紹介頂きます。
それでは、心も身体もほっこりするお料理と吉村様の日本酒で寒いこの季節を元気に乗り切っていただきたいと思います。

今月のお酒

車坂 五百万石 純米酒

車坂 五百万石 純米酒

精米歩合:65%、原材料名:米・米麹(五百万石)、
アルコール度:17度、日本酒度:+4、酸度:2.3、
アミノ酸度:1.7、酵母:協会7号
1回火入れ

お酒解説

皆さんが想像するよりもっと濃い〜お酒です!
出荷時は「冷やでも燗でも」という杜氏からのメッセージでしたが、
半年たちどんどん「燗が旨い」に変化しています。
飲み飽きせず、宴を華やかにするポテンシャルを持った酒です。
ぜひ、正月の華やかな料理とごいっしょに『燗酒』で!!

注目は酸度とアルコール度それに7号酵母です(@_@)



↑このページのTOPへ

今月のおもてなし

お重と稲穂でアレンジした新春のお飾り ちりめんに日本刺繍のお袱紗と百人一首 骨董の五段重 与の重は新春のお飾りに
1. 2. 3.
梅田俊一郎さんのわさびおろし 本マグロ、中トロと赤身の盛り合わせ 輪島の勝栗の雑煮椀に料亭風のお雑煮
4. 5. 6.
  1. お重と稲穂でアレンジした新春のお飾り
  2. ちりめんに日本刺繍のお袱紗と百人一首
  3. 骨董の五段重 与の重は新春のお飾りに
  4. 梅田俊一郎さんのわさびおろし
  5. 本マグロ、中トロと赤身の盛り合わせ
  6. 輪島の勝栗の雑煮椀に料亭風のお雑煮

↑このページのTOPへ

今月の料理

里芋饅頭のきのこあんかけ

里芋饅頭のきのこあんかけ

<分量>  4人前  
里芋 4〜8ケ
片栗粉 適量
   
(A)  
麺つゆ 大さじ 3〜4
酒・みりん 各大さじ 1
砂糖(好みで) 小さじ 1〜2
水(だし汁) 1カップ(200ml)
   
えのき 1/2袋
しめじ 1/2袋
椎茸 2〜3ケ
水溶き片栗粉 適量
もみじおろし 適量
ししとう 適量


1 里芋は皮をこそげて剥き、綺麗に洗って耐熱容器に入れて、600Wの電子レンジで8分加熱し、熱いうちにマッシャ―などで潰して丸める。
★蒸しても茹でてもOK!
★パサパサしてそうならだし汁を少し足すと良い。
2 1.を4等分して丸め、表面に片栗粉をまぶし、180℃に熱した油でカラッと揚げる。ししとうも素揚げする。
3 きのこ類は食べ易い大きさに切る。鍋に(A)を加えて熱し、きのこを加えて煮、水溶き片栗粉でとろみをつける。
4 器に2.の里芋饅頭を盛り付け、3.のきのこあんをかけ、素揚げのししとうともみじおろしを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

骨付き鶏肉と野菜のポトフ

骨付き鶏肉と野菜のポトフ

<分量>  4人前  
鶏手羽中 8本
ウインナー 8本
キャベツ 1/2ケ
大根 適量
玉ねぎ 1ケ
人参 1ケ
セロリ 1ケ
じゃがいも 小4ケ
固形スープ 1〜2ケ
塩・こしょう 各少々
ベーリーフ・オレガノ (あれば)少々

★パスタを入れて頂き、スープが残ったらさっと洗ったご飯を入れてリゾットを楽しむ!



1 手羽中は塩・胡椒をしてプライパンでこんがり焼く。キャベツと玉ねぎは芯をつけたまま櫛切りにする。大根・人参、じゃがいも・セロリは食べ易い大きさに切る。
2 鍋に1.の手羽先と野菜・ソーセージを入れてひたひたになるくらいの水を注ぎ、固定スープとベーリ―フを加えて野菜がしんなり柔らかくなるまで煮る。味を見ながら塩・こしょうで調味する。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

土鍋でビストロ風おでん

土鍋でビストロ風おでん

<分量>  4人前  
いわしつみれ 12ヶ
ちくわ 2本
玉ねぎ 1ヶ
人参 1本
じゃがいも(小芋) 2ヶ
ブロッコリー 1ヶ
しめじ 1パック
にんにく(薄切り) 1片分
鷹の爪 1ヶ
トマト水煮 1缶
ローリエ 1枚
バジルの葉 適量
オリーブ油 大さじ 1
1.5カップ
白ワイン 1カップ
塩・こしょう 各少々


1 ちくわは一口大の斜め切りにする。玉ねぎは角切り、人参・じゃが芋も皮を剥いて一口大に切る。ブロッコリーは小房に分け、堅茹でする。
2 鍋にオリーブ油・にんにく・鷹の爪を入れて弱火で炒め、香りが立ったら、つみれとちくわを入れて、強火で軽く焼き色がつくまで炒める。
3 2.に玉ねぎ・人参・じゃがいも・しめじを加えて炒め、全体に油が回ったら、トマトの水煮をつぶしながら缶汁ごと加え、水・白ワイン・ローリエを加えて塩・こしょうで調味する。
4 煮立ったら弱火にして蓋をし30分くらい煮詰める。途中アクが出たら、すぐに取らず少し間をおいて取る。(すぐアクを取ると旨味まで取ってしまう)
5 4.に1.のブロッコリーを加えて軽く煮て火を止め、細切りにしたバジルを散らす。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

キムチの炊き込みご飯

キムチの炊き込みご飯

<分量>  4人前  
2合
白菜キムチ 200〜300g
牛薄切り肉 100g
   
(A)  
醤油 大さじ 1/2
大さじ 1/2
塩・こしょう 各少々
長ねぎ(みじん切り) 大さじ 1
おろしにんにく 小さじ 1/2
すり白ごま 大さじ 1
ごま油 大さじ 1/2
   
ごま油 大さじ 1
だし汁 450ml
錦糸卵 適量
大葉(せん切り) 適量
刻みのり 適量
白いりごま 適量
日本酒 大さじ 1


1 米は洗ってざるに取っておく。キムチと牛肉は5mm幅の細切りにする。牛肉をボウルに入れ、(A)を回しかけて揉み込んでおく。
2 中華鍋にごま油を熱して1.のお米を炒め、透き通ったら取り出しておく。
3 炊飯器(土鍋)に1.のキムチと牛肉、2.のお米を交互に入れる。1.のボウルにだし汁を入れてすすぎながら炊飯器に加えて普通に炊く。
4 炊き上がったら、日本酒を回しかけて混ぜ合わせ15分程蒸らして、錦糸卵・もみのり・大葉を散らす。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

大根と貝柱の中華スープ

大根と貝柱の中華スープ

<分量>  4人前  
大根 5cm
大根の葉 適量
人参 1/3本
貝柱の缶詰 1缶
中華チキンスープ 4カップ
   
(A)  
日本酒 大さじ 1
薄口醤油 小さじ 1
塩・こしょう 各少々


1 大根は皮を剥いて、短冊切りにする。大根の葉はさっと塩茹でして、1cmくらいに切っておく。人参も大根に合せて切っておく。
2 鍋に中華スープと1.の大根・人参・貝柱を汁ごと加えて、野菜が柔らかくなるまで煮て、(A)で調味する。仕上げに大根の葉をちらし、器に盛る。

☆きのこ(えのき・しめじ・椎茸)を入れても美味しい。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ




生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2015年1月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白