HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 春分の料理「春野菜を美味しくおもてなし」

春分の料理「春野菜を美味しくおもてなし」

香り華やか、今しか呑めない生原酒を、春の味と


食卓

弥生の節句の3月に入り、春の陽射しが優しく窓辺に差し込むようになってまいりました。三寒四温の日々、早春の訪れはほろ苦い春野菜と共にやって参ります。旬の野菜は香り高く、冬の間緩んでいた身体を目覚めさせ、循環を高めてくれます。 「せんの会」 では、皆様の健康を考えレシピ作成をさせて頂いております。今月も季節の旬食材を選び、色々な調理法で身体に優しいお料理を召し上がっていただきました。
では、吉村様の美味しい日本酒にぴったりのレシピを4品ご紹介いたします。

吉村さんからは「車坂 純米吟醸 無濾過生原酒 26BY」を送り頂き、早春のひととき、美味しいお酒とお料理をお楽しみ下さい



今月のお酒

車坂 純米吟醸 無濾過生原酒 26BY

本日、皆様に生山先生お薦めの料理と供に試飲していだくお酒です。

車坂 純米吟醸 無濾過生原酒 26BY

原材料:米(和歌山県産山田錦)・米麹、精米歩合:58%、アルコール度:17.0度、
日本酒度:+4、アミノ酸度:0.8、酸度:1.8、使用酵母:協会901号

お酒解説

26BYの新酒が続々と上槽しております。この純米吟醸のタンクはキレのよい酸もあり全体としてバランスのとれた酒となりました!
今、飲んでいただいても十分ご満足していただける味ですが、もう少し旨みを味わいたいなら、自家熟成という手もあります。


この酒をご自身でもお楽しみください。 つまり、この酒をご自身でもお楽しみください。一本は今飲み用、もう一本は秋まで冷蔵庫(生酒ですが、力強いお酒ですから5度以下なら秋までじわじわと育ちます)で熟成するための2本買いです。
というのもこの先、この酒は火入れしますので、生原酒を手に入れられるのは今だけなんです。先ずは是非とも今年、最初の純吟の出来を冷やでご笑味ください!


今月のおもてなし

今月は弥生の節句「お雛様」をお飾りして皆様をお迎え致しました。ガラスのミニチュア段飾り雛人形、骨董の陶器立雛、骨董の愛らしい貝合わせ雛、ガラスの箸置きなど、大好きなお飾りでお教室をしつらえました。

娘の初節句のお祝いのガラス作家さんの段飾り雛 お雛様の模様が描かれた可愛いガラスの箸置き
1. 2.
骨董の陶器立雛 骨董の愛らしい貝合わせ雛
3. 4.
  1. 娘の初節句のお祝いのガラス作家さんの段飾り雛
  2. お雛様の模様が描かれた可愛いガラスの箸置き
  3. 骨董の陶器立雛
  4. 骨董の愛らしい貝合わせ雛

↑このページのTOPへ


今月の見どころ、勘どころ

テーブルコーディネート

今月は旬の野菜を骨董の漆器皿や、わらびの輪島漆器椀に盛り付け、料亭風のテーブルコーディネートに致しました。春の温かさとともに山菜や春野菜が食卓を賑わせてくれます。
美味しいものを頂くと本当に幸せな気持ちになりますよね。 皆様も、是非この時期にしか頂けない旬の野菜をふんだんに使ったお食事をなさって下さい。


↑このページのTOPへ


今月の料理

色々春野菜を色々ディップで!

色々春野菜を色々ディップで!

<分量>  
大根・人参・キャベツ・きゅうり
セロリ・蓮根・タラの芽・蕗の薹
スナップエンドウ・新じゃが・筍
ラディッシュ・新ごぼう 等適量
(A)
絹こし豆腐(水切り) 1/4丁
練り胡麻 大さじ 1
すり白胡麻 大さじ 1
マヨネーズ 大さじ 2
白だし 小さじ 2
(B)
クリームチーズ(常温) 30g
ヨーグルト 大さじ 2
マヨネーズ 大さじ 1
粒マスタード 大さじ 1
味噌 小さじ 1
(C)
柚子胡椒 小さじ 1
白味噌 大さじ 1.5
大さじ 1
みりん 大さじ 1
オリーブ油 大さじ 1〜2


1 野菜は食べ易い大きさに切る。生で食べにくいもは、茹でたり、炒めたり、天ぷらにする。
2 (A)・(B)・(C)をそれぞれ混ぜてディップを作る。
3 器に野菜を彩り良く盛り付け、3種類のディップを添えて勧める。好みで美味しい塩を添えても良い。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

ホタテ風味の卵豆腐に桜の香りの早春椀

ホタテ風味の卵豆腐に桜の香りの早春椀

<分量>  
4ケ
ホタテ貝柱缶 小1缶
(A)
だし汁 350ml
薄口醤油 小さじ 2
みりん 小さじ 1
(B)
だし汁 3カップ
薄口醤油・塩 各小さじ 1
絹さや 4枚
桜の塩漬け 4ケ
柚子の皮 適量
水溶き片栗粉 適量


1 ボウルに卵を割りほぐして、泡をたてないように良く混ぜ、ホタテ缶の缶汁と(A)を加えて混ぜ合わせる。卵液を濾し器で濾す。
2 流し缶にホタテの身をまんべんなく並べ、1.の卵液を流し入れる。
3 蒸し器を温め85℃を保つ程度の弱火の状態で、2.の流し缶を入れる。蓋に濡れ布巾を巻いて25〜30分位蒸し、竹串を刺して透き通った液が出れば出来上がり。粗熱を取って食べ易い大きさに切る。
4 絹さやは塩茹でして冷水に放ち、矢羽に切る。桜の塩漬けは塩抜きする。(B)を鍋で煮立てる。
5 卵豆腐は吸い地の一部で温めてお椀に盛り、この吸い地は濾して(B)に戻して水溶き片栗粉で軽くとろみをつけてお椀にはる。絹さや・桜のお花・柚子を美しくあしらう。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

菜の花と煎り卵のおかかご飯にとろサーモンを添えて!

<分量>  4人前  
ご飯 2合分
菜の花 1束
(A)
鰹節 5g
薄口醤油・みりん 各大さじ 1.5
(B)
2ケ
塩・酒・砂糖 好みで各適量
(C)
蓮根の甘酢漬け 適量
新生姜の甘酢漬け 適量
みょうがの甘酢漬け 適量
サーモン(お造り用) 適量
太白胡麻油(胡麻油) 適量
サラダ油 適量

菜の花と煎り卵のおかかご飯にとろサーモンを添えて!



1 菜の花は色よくサッと茹で、飾り用に少し残し、1cm長さに切って水気を絞る。新生姜は細い部分を利用して桜の花びらの様にVカットし薄切りにする。
2 フライパンにサラダ油を熱して、弱火にし(B)を混ぜ合わせて卵液を流し入れ、お箸を5〜6本持って手早く混ぜながら、時間をかけて煎り卵を作る。
3 2.のフライパンを綺麗にふき取り、太白胡麻油を熱し、1.の菜の花を炒めて(A)で調味する。
4 炊き上がったご飯に3.を加えて混ぜ合わせ、器に盛り付け、2.の煎り卵を散らす、飾り用の菜の花とサーモン・桜の花びら型に切った新生姜・(C)を飾る。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

春キャベツとあさりの酒蒸し

<分量>  4人前  
春キャベツ 1/4ケ
人参 1/2本
生椎茸 4〜6枚
生わかめ(ざく切り) 適量
にんにく(薄切り) 1片
あさり(砂抜きしたもの) 400g
万能ねぎ(小口切り) 2本
大さじ 4
梅干し 3ケ
バター 大さじ 2
(A)
白ごま 大さじ 1
醤油 大さじ 2
砂糖 小さじ 1
七味唐辛子 少々

春キャベツとあさりの酒蒸し

春キャベツとあさりの酒蒸し



1 キャベツは食べ易い大きさに切る。人参は薄切り・椎茸は石付きを取って5mm幅に切る。
2 お鍋にバター、にんにく、1.の野菜・あさり・梅干しを重ねて加え、酒を回しかける。蓋をしてあさりの口が開くまで蒸し煮にする。あさりは先に取り出し、野菜がしんなりするまで煮る。
3 2.を大皿に移し、あさりを戻して、万能ねぎを散らし、(A)を合わせたタレをかけて頂く。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ



管理栄養士のちょっと得ダネ!

自律神経に負担をかけ過ぎない生活をしましょう!

呼吸 血圧や心拍数 ホルモン調節 食べものの消化吸収 体温調節など 人間が生きていくために必要な機能は私たちの意識とは関係なく動いています。
それは自律神経の働きによります。
例えば人間の体温は36.5度前後で維持されるのが理想ですが、外気が暑くなり過ぎた時、寒くなり過ぎた時 自律神経は平熱を維持するために働きます。
特に春を待つ今頃は気温の変化が大きくなります。これも自律神経には大きな負担です。
上着での体温調整を忘れないようにしましょう。
他にも心身への負担が続くとそれに伴って自律神経への影響も大きくなります。
そして私たちは体調の悪化を自覚し始めます。
体を健康に保つためには自律神経に負担をかけない事。
何もかも過ぎない事です。

食べ過ぎ 動き過ぎ いらいらし過ぎ 心配し過ぎ  もちろん夜更かし 朝寝坊も過ぎない事
また、今頃の体 は冬の間に溜まった毒素を排出しようとします。
強い香りや独特の苦みを持つ春の野菜にはそれを助ける解毒作用があります。
日差しを浴びて育った春野菜をたっぷり食卓にのせましょう。


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん

↑このページのTOPへ


旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

AKOさん 久し振りに飲んだ日本酒、口に含むとほんのり甘く、どのお料理にも合うと感じました。
りんごさん 瓶も美しく、見た目にも美味しそう!頂くととても飲みやすく美味しかったです。
おはなさん 口あたりが良く。春の和食を引き立てこの上ないおいしさでした。
ホワイトさん 爽やかでとても口あたりよく、おいしかったです。
いちごさん 口当たりが良く、しかしながら舌にまとわる様なまったり感もあり、大変おいしいです。
キャサリンさん

口当たりが良く、飲みやすいけれど、豊潤な香りとしっかりとした味わいがあり。
とてもおいしかったです。

日本酒大好きバーバさん うすにごり…料理と共に味わうのもベストですが、口当たりが良く、それだけでもグイグイと飲めるお酒です。庭の梅をみつつ、1人味わいたいお酒です。
Kさん とても飲みやすいお酒です。春野菜のせいろ蒸しとバッチリ合ったお酒ですね!
さくらさん 甘くて香りがよく飲みやすかったです。
うめこさん 飲みやすく、どんなお料理にも合うおいしいお酒でした。いただいて帰ります。
キライ子のママさん きょうの日本酒はとても飲みやすく美味しかったです。
口当たりも優しく、とても好きな味でお料理とマッチしていました。
Hさん 飲みやすく、おいしく頂きました。
Nさん 出来たてのお酒で硬さがあると解説にありましたが、一口目とてもやさしく感じました。
春の香りがしました。
ブルーさん 春野菜に良く合う、香りは口の中にあるのにさっぱりといただけるお酒です。
えいこさん お酒のめないのですが、果物の香りがしてとても飲みやすかったです。春の息吹を感じる和食を引き立てる美味しいお酒でした。
びっびとさん 美味しいお酒です。さすがの大吟醸。和食の優しさを邪魔せずに、ちびりちびり楽しみたくなりました。買って帰ります。

車坂 純米吟醸 無濾過生原酒 26BY

すーざんさん

弥生の節句にぴったりのお酒でした。ちらしずしにも椀物にも、春野菜の蒸し物にもよく合って食事がとっても美味しく感じました。相性抜群です

H・Fさん 優しい喉越しで口中にまろやかに広がりました。ちらしずしも一段と味を増し、春野菜が本当に美味しかったです。大吟醸のお蔭です
すみ君さん お酒の『硬さ』もあるとのこと、難しい言葉ですが、ただただ美味しく頂きました。吉村さんのお酒はいつも「本当に美味しいです」心がこもっている感じが伝わってきます。
メールさん 優しく味わうことが出来ました。瓶のデザインも素敵です。誰かにプレゼントしたくなりました


↑このページのTOPへ




生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2015年3月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白