HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 寒露の料理「秋の簡単お洒落なヘルシー家庭料理」

寒露の料理「秋の簡単お洒落なヘルシー家庭料理」

新しくて懐かしい料理を、昭和の時抱く酒と


食卓

秋の季語「爽やか」、春を思わせる言葉のようですが肌になじむ爽やかな秋風が四季の移ろいを感じる今日この頃となりました。皆様のご家庭では秋の食材で楽しい食卓を囲んでおられますでしょうか?秋の夜長、日本酒が益々美味しくなって参ります。

今月は手軽な食材を使って、簡単でお洒落な美味しいヘルシーレシピを5品ご紹介させていただきます。酒の肴にはもちろん、毎日の夕食やお弁当にもお勧めの家庭料理です。
吉村様の美味しいお酒「63年古酒 亀の歩み」 と「秋の簡単お洒落なヘルシー家庭料理」との相性は如何でしょうか?



今月のお酒

車坂 25BY 秋あがり おふくろ純米

本日、皆様に生山先生お薦めの料理と供に試飲していだくお酒です。

63年古酒 亀の歩み

日本酒度:+3、酸度:1.3、アミノ酸度:0.8、
アルコール度:17.1、原材料米:山田錦、精米歩合:30%

お酒解説

昭和最後の年に3割の磨きで醸された大吟醸古酒です。
低温管理を行い、ゆっくりとした時間のゆりかごである蔵内で過ごした古酒は皆さんへの時の贈り物です。
熟成酒はどうか、古酒はどうかなどの言葉の薀蓄は必要ありません。この酒を飲めばすべてがわかります。
素直に心や体に染み入る日本酒。その味わいをこの酒を飲むあなただけが経験できます。
このお酒と出会ったことが一期一会。今、亀の歩みを飲んでいる感動を味わってください。



今月のおもてなし

今月は「せんの会」のお料理を引き立てる自作陶器のご紹介をさせて頂きたいと思います。幼いころから器好きだった私は陶芸に憧れを持ちつつも出会いがなく、ギャラリーや骨董屋さんを訪れる日々でした。そんなある日新聞広告で目に留まった「陶芸クラブ 桃久李」、ひとり興奮して、その手で電話をしていました。桃久李の粂先生ご夫婦との出会いがなければ、きっとこんなに長くお料理教室を続けていなかったことでしょう。
それでは、いつも「せんの会」の食卓を和やかにに包み込んでくれるお気に入りの自作陶器をお楽しみ下さい。

ガラスのような透明感のある釉薬と花形に成型した中皿 陶芸用絵具で絵付けした豆皿 ぽってりとした御本手が美しい大鉢
1. 2. 3.
ターコイズブルーの平皿の取り皿として三色に色付け モノトーンの蓋付き器、蓋には透かしの掘り込み 鮮やかなブルーが印象的な平皿とお揃いの豆皿と箸置き
4. 5. 6.
  1. ガラスのような透明感のある釉薬と花形に成型した中皿
  2. 陶芸用絵具で絵付けした豆皿
  3. ぽってりとした御本手が美しい大鉢
  4. ターコイズブルーの平皿の取り皿として三色に色付け
  5. モノトーンの蓋付き器、蓋には透かしの掘り込み
  6. 鮮やかなブルーが印象的な平皿とお揃いの豆皿と箸置き

↑このページのTOPへ

今月の料理

簡単まぜまぜ豆腐 中華風味

簡単まぜまぜ豆腐 中華風味

<分量>  
絹こし豆腐 1丁
人参 1/3本
万能ねぎ 4〜5本
ちりめんじゃこ 大さじ 2
ザーサイ 大さじ 2
   
(A)  
少々
砂糖 少々
白だし醤油 少々
胡麻油 小さじ 1〜2
白胡麻 小さじ 1〜2
七味 少々


1 豆腐はキッチンペーパーにのせて、電子レンジで2〜3分加熱して水切りする。人参は粗みじんに切りにしさっと塩茹でして、冷水に放ち水気を切る。
2 万能ねぎは小口切りにして水に放ち、ざるに上げてしっかり水気を切る。ザーサイも粗みじん切りにする。
3 ボウルに1.の豆腐を入れて潰し、人参・ねぎ・ちりめんじゃこ・ザーサイを加えて混ぜ合わせる。(A)の材料を混ぜ合わせて、ボウルに加えて和え、器に盛り付け万能ねぎを散らす。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

エリンギとオクラのベーコン巻き揚げ

エリンギとオクラのベーコン巻き揚げ

<分量>  4人前  
エリンギ 1パック
オクラ 1パック
ベーコン 8〜10枚
てんぷら粉 1/2カップ
冷水 適量
揚げ油 適量
レモン・山椒塩 各適量

★茄子も美味しい!



1 エリンギは食べやすい大きさに切る。オクラは塩をふって板摺して洗い、へたを切り落とす。ベーコンは縦横それぞれ半分(1枚を1/4)に切る。
2 エリンギとオクラの周りに1.のベーコンを巻き付け楊枝で止める。
3 てんぷら粉を冷水で溶き、2.を付けて、180℃の 油で揚げ、器に盛ってレモン・山椒塩を添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

豚チーズ焼き 梅しそ風味

豚チーズ焼き 梅しそ風味

<分量>  4人前  
豚肩ロース薄切り 8枚
スライスチーズ 4枚
梅肉 適量
大葉 8枚
胡椒 少々
麺つゆ 大さじ 2〜3
みりん 大さじ 1〜2
サラダ油 適量
いり胡麻(白・黒) 各適量


1 まな板の上に豚肉を縦向きに広げて胡椒をふる。大葉とスライスチーズ半分をのせ、真ん中に梅肉をのせて手前から巻き、巻き終わりを下に置く。
2 フライパンにサラダ油少々を熱し、1.の巻き終わりを下にして並べ、こんがり焼けたら全面を焼き、余分な油をしっかり拭き取り、麺つゆ・みりんを加えて絡め、仕上げに胡麻をふって、食べやすいように斜め半分に切る。

★中央に三度豆・人参・セロリ等、好みの野菜を巻いても美味しい!

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

彩野菜とカリカリ薄揚げのサラダ ピーナッツ風味

<分量>  
レタス 適量
キャベツ 適量
人参 適量
紫たまねぎ 適量
セロリ 適量
きゅうり 適量
大葉 適量
みょうが 適量
水茄子 適量
   
薄揚げ 適量
   
(A)  
ポン酢 大さじ 4〜5
蜂蜜 小さじ 2
レモン汁 小さじ 2
サラダ油 大さじ 2〜3
粉末ピーナッツ 大さじ 1〜2

彩野菜とカリカリ薄揚げのサラダ ピーナッツ風味



1 野菜は全てせん切りにして、冷水に放ちシャキッとさせ、ざるに上げてしっかり水切りする。
2 フライパンに薄揚げを加えて、両面こんがり焼き縦半分に切ってから細切りにする。
3 (A)を合わせてドレッシングを作る。
4 器に野菜と薄揚げを合わせて盛り付け、3.のドレッシングをかける。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

牛肉と野菜と春雨の中華蒸し炒め 土鍋でどうぞ!

<分量>  
牛切り落とし 200g
   
(A)  
醤油 大さじ 2
胡麻油 大さじ 1
大さじ 1
砂糖 大さじ 1〜1.5
すりおろしにんにく 小さじ 1
胡椒 少々
   
根切りもやし 1/2袋
生椎茸 1/2袋
赤ピーマン 1ケ
にら 1/2ワ
春雨(乾燥) 50g
   
(B)  
鶏ガラスープの素 小さじ 1
1カップ
   
すり胡麻 大さじ 1〜2

彩野菜とカリカリ薄揚げのサラダ ピーナッツ風味



1 牛肉は食べやすい大きさに切る。ボウルに(A)の調味料を混ぜ合わせ、牛肉を加えて揉み込み5分置く。
2 生椎茸は石付きを取って5mm幅に切る。赤ピーマンはヘタと種を取り除き、細切りにする。にらは4〜5cm長さに切る。春雨はさっと洗う。
3 大き目の土鍋(フライパン)の底にもやしを加え、上に春雨を食べやすい長さに切ってのせ、椎茸・赤ピーマンを重ねるように広げ、1.の牛肉を汁ごと加えて、(B)を回しかけ、蓋をして強火にかける。
4 蒸気が上がって来たら弱火にして8〜10分間ほど蒸し煮にし、蓋を取って全体を混ぜ合わせる。最後ににらとすり胡麻を加えてサッと煮る。土鍋ごと食卓に並べ、取り分けて頂く。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

 


生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2016年10月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白