HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 聖夜の料理「クリスマスカラーで楽しく美味しいディナー」

聖夜の料理「クリスマスカラーで楽しく美味しいディナー」

洋食にピッタリ。ロックでそのまま美味しい。割って簡単カクテルにも。


食卓

今年もアッと言う間に師走となり、街はクリスマスイルミネーションが美しく輝いていますが、皆様は如何お過ごしでしょうか?
「せんの会」では、前回のお節料理に引き続き恒例のクリスマスレシピで楽しい時間を過ごさせていただいております。
レシピはクリスマスをイメージした簡単で可愛く美味しいパーティーメニューとなっています。
吉村様からお送り頂いた「じゃばら酒 別仕立て」と供にクリスマスメニュー3品をご紹介致します。



今月のお酒

じゃばら酒 別仕立て

皆様に生山先生お薦めの料理と供に試飲していただいた酒です。

じゃばら酒 別仕立て

原材料: じゃばら果汁、果皮、日本酒、砂糖
アルコール度数 13度

お酒解説

全国的に有名になり、産地も増えたじゃばらですが、当蔵のじゃばらは和歌山県北山村のビタミンCとフラボノイドが豊富な幻の果実「じゃばら(邪払)」だけで作ったお酒です。野性味たっぷりのじゃばら果汁と果皮、それに日本酒を絶妙の配合でブレンドし、熟成させました。
豊富なビタミンCとフラボノイドが全身をくまなく駆け巡ります。美と健康をあなたにお届けします!特ににごり成分には美の源が豊富に含まれております。よく混ぜてお召し上がりください。


飲み方は、そのままストレートやロック、クラッシュアイスにそそいで少しアイスがとけるのを楽しみながら飲むのもいいでしょう。これから寒くなる季節ですから1:1のお湯割りも体が温まります。ビールや炭酸で割っても美味しいですよ。



今月のおもてなし

玄関には、紫を基調にした大人の雰囲気のクリスマスツリーを飾りました。毎年少しずつアレンジを変えて楽しんでいます。カウンターにはグリーンと共に豪華なクリスマスイルミネーションを設え、壁には色々なクリスマスリースをあしらいました。それでは、ちょっぴり大人のクリスマスアレンジをお楽しみ下さい。

カウンターには豪華なクリスマスイルミネーション
1.
お玄関に紫を基調にした大人の雰囲気のクリスマスツリー 淡いゴールドの大人のクリスマスリース メンバーの方が作って下さった素敵なクリスマスリース
2. 3. 4.
  1. カウンターには豪華なクリスマスイルミネーション
  2. お玄関に紫を基調にした大人の雰囲気のクリスマスツリー
  3. 淡いゴールドの大人のクリスマスリース
  4. メンバーの方が作って下さった素敵なクリスマスリース

↑このページのTOPへ


今月の見どころ、勘どころ

テーブルコーディネート

今月はグリーンのテーブルクロスに、金工作家「稲垣 大さん」のクリスマススタンドを中心にテーブルコーディネートを致しました。白磁の食器には、ポーセリンペインティングの「梅田裕子先生」に素敵な絵付けをしていただき、メンバーの皆様には華やかなテーブルをお楽しみいただきました。クリスマスの可愛い小物達がワクワク感を演出してくれています。では、美味しいクリスマスレシピをどうぞ!



↑このページのTOPへ


今月の料理

ハーブとクスクスのサラダ

ハーブとクスクスのサラダ

★教室では可愛くクリスマスアレンジをしました。

<分量>  4人前  
クスクス 1カップ
   
(A)  
オリーブ油 大さじ 2
小さじ 1
熱湯 1カップ
   
きゅうり 1/2本
トマト 1ケ
人参 1/3本
セロリ 1/3本
紫玉ねぎ 1/4ケ
ミントの葉 10〜15枚
(あれば)ブラックオリーブ 適量
   
(B)  
塩・胡椒 各少々
オールスパイス 少々
ナツメグ 少々
マヨネーズ 小さじ 1〜2
レモン汁 大さじ 2〜3
オリーブ油 大さじ 3〜4


1 ボウルにクスクスと(A)と入れて混ぜ、熱湯を注ぎ、蓋をして15〜20分ほど蒸らして、暖かいうちに混ぜておく。(B)を合わせておく。
2 きゅうり・人参は粗みじん切りにし、人参はサッと茹で水気を切る。トマトは種を取って粗みじんに切る。紫玉ねぎはみじんにして水にさらして水気を切る。ミントとブラックオリーブは粗みじんに切っておく。
3 大き目のボウルにクスクス、2.の野菜、ミント、(B)を加えて全体を混ぜ合わせて器に盛り付ける。

印刷用レシピページを表示


↑このページのTOPへ

スパイシータンドリーチキン

スパイシータンドリーチキン

<分量>  4人前  
鶏もも肉(手羽元) 2枚
   
(A)  
プレーンヨーグルト 100〜150g
トマトケチャップ 大さじ 2
生姜 1片
にんにくすりおろし 1片
カレー粉 小さじ 2
蜂蜜 小2
パプリカ 少々
オールスパイス 少々
醤油 少々
塩・胡椒 各少々
レモン汁 小さじ 2〜3
   
クレソン 適量
プチトマト 適量
レモン(櫛形切り) 適量
人参の星形グラッセ 適量


1 鶏もも肉は皮目にフォークで穴をあけ、食べやすい大きさに切る。
2 (A)の調味料を合わせて保存袋に入れて、1.の鶏を加え、良く揉み込んで、一晩冷蔵庫で寝かせる。(急ぐ時は常温で1時間くらい漬け込む)人参はグラッセして星型に抜いておく。
3 オーブンを210℃に熱しておき、2.の鶏の(A)を軽く拭き取り、オーブンシートを敷いた上に皮を上にして並べ、20〜25分焼き、こんがり焼けたら裏返して5分ほど焼く。
4 器に野菜と3.の鶏を盛り付け、クレソンとトマトを飾り、人参とレモンを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

サーモンのお洒落な重ね焼き

<分量>  4人前  
サーモン 4切れ
じゃがいも 適量
人参 適量
ズッキーニ 適量
小麦粉 適量
塩・胡椒 各適量
コンソメ顆粒 適量
   
(A)  
バルサミコ酢 大さじ 3〜4
みりん 大さじ 1〜2
蜂蜜 小さじ 1
醤油 小さじ 1
   
バター 大さじ 1
オリーブ油 大1
(あれば)ディル 適量
水溶き片栗粉 適量

サーモンのお洒落な重ね焼き

サーモンのお洒落な重ね焼き



1 じゃがいもはなるべく直径の小さいものを選び、皮を剥いて2mm厚さの薄切りにする。人参とズッキーニは直径を合わせて選び、2mm厚さの薄切りにして、コンソメでさっと煮る。(A)を小鍋に入れて少し煮詰め、水溶き片栗粉でとろみを付ける。
2 サーモンの切り身より少し大き目にクッキングシートを切り、その上に1.のじゃがいもを重ねるように並べて小麦粉をふる。サーモンに塩・胡椒をふり、じゃがいもの上にのせる。
3 フライパンにオリーブ油とバターを熱し、2.をクッキングシートごと(シートが下になるように)入れて、弱火で5〜6分焼く。じゃがいもに焼き色が付いたら返して2分程焼き、器に盛り付け、人参とズッキーニを交互に飾る。(A)のソースをかけディルを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ


管理栄養士のちょっと得ダネ!

腹八分目に病なし

・大抵の人は剣によるよりも、飲み過ぎ、食い過ぎによって殺される
(ウイリアム・オスラー…19世紀)

・老人が死ぬのは熱が原因でなければ静脈が原因だ。
静脈壁(これは間違いで血管全てです)が分厚く膨れて
しまいに詰まって血液が流れなくなるからだ。
(レオナルド・ダ・ヴィンチ…15世紀)

如何ですか?
今から200年、600年前の言葉です。
当時の食生活は今と比べると相当質素に違いありません。が、その時代でさえも食べ過ぎが病気に繋がると指摘されています。
人間の体(機能)は何万年何十万年も経ないと変わりません。
私たちの体は何世紀も前と同じです。
でも食べ物はどれほど変わったでしょう。今の食べ物を体が上手く処理できない、利用できない事が原因の病気もたくさん現れています。
生活習慣病とは正に生活習慣が昔と変わったから発症した病とも理解できます。
昨今、食生活も見直され始めました。

“1日3回なるべく決まった時間に主食・主菜・副菜を揃えて腹八分目。
そしてなるべく体を動かす。おやつは3時ごろに少しだけ“
更には
“なるべく加工されていない物を。そして季節の物を。”
新しい年を迎えるに当たり、見直していただきたいところです。

料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん

↑このページのTOPへ


旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

ママさん じゃばら酒は初めていただきましたが、酸味と甘味のバランスが良く、お酒が苦手な方でも飲み易いのではと思いました。
yukiさん とにかく美味しいのひとことです。珍しいじゃばらが美味しく頂けて健康にも良さそう!
お酒の弱い方にもおすすめです。
コメットさん

フルーティーで口当たりがよくて、つい飲み過ぎてしまいそう!
フルーツとあわせても美味しそう。

MAMIさん 酸味と甘味のバランスが良く、食前酒にも良いと思いました。
sanaeさん

サーモンの重ね焼きとの相性がとても良かったです。
さっぱりしたすっぱい味がやさしいサーモンの味がおいしかったです。
じゃばら酒の酸味がお料理をよりおいしくさせていた様な気がしました。

ネイル大好きさん お酒はあまりいただけないので、梅酒をいただいて少し甘みのなるものをいただく事があります。
でもこのじゃばら酒は、さっぱりとして濃い味のお料理にもよくあいます。
saorimanさん じゃばら酒が甘すぎず、スッキリしているので、お料理の味のじゃまをせず、素材のおいしさも、より引き立ててくれて、おいしいお酒だと思います。
SAKURAさん

とてもおいしいお酒でした。
お酒の強くない私でも飲みすすんでしまいました。
また甘みの中にもスッキリ感があり、カレー風味のタンドリーチキンにも合い口の中がサッパリしました。

pompomさん

さっぱりとした酸味がすすみました。
クスクスのサラダやタンドリーチキンのスパイシーなものに思わずおかわりしてしまいました。

PIPUTYANさん チキンはお魚なので、じゃばら酒が口の中をスッキリさせ次々と口に入っていき、チキンもあっさりしてとても良かったです。
じゃばら酒が口の中をさらりとしておいしかったです。
とらこさん

冷たくしてぐびぐびいけるおいしいお酒です。
チキンなど肉系でもサーモンなど、魚貝系でも合うおいしいお酒です。
チョコレートにも合いそう。

luce.31さん

甘くて飲みやすいけど、後味はサッパリとしていて爽やか!!
お酒はあまり飲めないですが、とても飲みやすいです。
油っぽい物との相性もバッチリでした。
ホームパーティーの時に出したいです!

オレンジさん じゃばら果汁がたっぷり入っている感じで、ほど良い酸味で大変おいしいお酒でした。
ピーチさん すっきりした酸味が今日のクリスマスディナーにぴったりでした。

↑このページのTOPへ




生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2015年12月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白