HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 啓蟄の料理「早春の体調を整えるヘルシーで栄養満点レシピ!」

啓蟄の料理「早春の体調を整えるヘルシーで栄養満点レシピ!」

磨かれたきれいな味。ヘルシーなお料理と春の行事に

厳しい冷え込みが続いた冬から春へと移ろうなか、東京では平年より早く、桜の開花宣言が発表されました。季節外れの温かさに桜も勘違いをしたのでしょう。「せんの会」では季節の変わり目の体調を整えるヘルシーで栄養満点、おもてなしにも重宝するレシピをご紹介させていただいております。
卒業、入学、就職、お花見等行事ごとの多いこの時期にこそ、お試しいただきたいレシピを4品、吉村様の美味しい日本酒とご一緒にお楽しみいただければ嬉しく思います。


今月のお酒

車坂 純米吟醸生原酒

新酒生♪「車坂 純米吟醸生原酒」

原材料:米、米こうじ アルコール度16.9度 720ml

お酒解説

麹米は酒米の王様、山田錦。掛け米は長野県の酒造好適米、美山錦。 お米を55%まで磨き、長期低温発酵の吟醸造りです。

きちんと吟醸仕込みをすることで、いわゆる吟醸香が出てきます。 香りが強いと、食との相性がむずかしくなりますが、このお酒の香りの主体、酢酸イソアミルはたいへんきれいに出ており、そして高すぎず、食との調和を楽しめるお酒になっております。

また新酒生は、この季節ならではです。 生原酒の美味しさを感じてください。



今月のおもてなし

今回は玄関に早咲きの啓翁桜を大ぶりの花器に活け込み、皆様をお出迎え致しました。 その他にも、お庭の草花や、観葉植物を使った寄せ植えやフラワーアレンジメントをお部屋中に飾り、春ののどかな雰囲気を醸し出してみました。お料理と共に皆様の心も癒して頂ければと願っております。

骨董の竹製の籠に観葉植物でアレンジ 玄関に早咲きの啓翁桜を大ぶりの花器に活け込みました。 お庭の色とりどりの草花でフラワーアレンジメント
1. 2. 3.
  1. 骨董の竹製の籠に観葉植物でアレンジ
  2. 玄関に早咲きの啓翁桜を大ぶりの花器に活け込みました。
  3. お庭の色とりどりの草花でフラワーアレンジメント

↑このページのTOPへ


今月の料理

根菜きんぴらと水菜のピリ辛サラダ

根菜きんぴらと水菜のピリ辛サラダ

根菜きんぴらと水菜のピリ辛サラダ

<分量>  
水菜 適量
ベビーリーフ 1袋
ごぼう 1本
蓮根(細めのもの) 適量
人参 1/3本
にんにく(スライス) 1片
   
(A)  
だし醤油 大1.5〜2
みりん 大1
日本酒 大1
砂糖 大1
   
サラダ油 適量
胡麻油(太白胡麻油) 大2
七味 適量
白いり胡麻 適量


1 水菜は綺麗に洗って4cm長さに切り、ベリーリーフと一緒に氷水に放って水切りする。
2 ごぼうはささがきにしてさっと水にさらし、蓮根は皮をこすり薄切りにして、それぞれペーパタオルで水気を拭く。人参はせん切りにする。
3 フライパンにサラダ油を多めに熱し、蓮根をカリッとするまで揚げて油を切っておく。
4 3.の余分な油は保存し、胡麻油を加えてにんにくを弱火でゆっくり色付くまで炒めて取り出しておく。
5 4.にごぼうと人参を加えて強火で炒め、しんなりしたら(A)を加えて味付し、七味を加えて混ぜる。
6 5.をボウルに入れ、熱いうちに1.の生野菜、3.の蓮根、4.のにんにくを加えて混ぜ、器に盛り胡麻をふる。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

野菜がこっそりたっぷりミンチカツ

野菜がこっそりたっぷりミンチカツ

<分量>  
合挽ミンチ(または鶏ミンチ) 300g
冷水 大1
蓮根 1節
人参 2/3本
えのき 1/2袋
白ねぎ 1本
菊菜 1/2束
 
(A)  
生姜(すりおろし) 小1
パン粉 1/2カップ
牛乳 大3
1ケ
塩・胡椒 各少々
   
(B)  
小麦粉 適量
溶き卵 適量
生パン粉 適量
   
(C)  
とんかつソース 大3
粒マスタード 大1
   
キャベツ・大葉・ピチトマト・サラダ菜 各適量
サラダ油 適量


1 蓮根・人参・白ねぎは細か目のみじん切りにする。(フードプロセッサーでみじんにしてもOK!)えのきは根元を落とし細かく切り、菊菜は粗みじんに切る。
2 付け合わせの野菜はキャベツと大葉を重ねるようにしてせん切りにし、冷水に放ちパリッとさせる。
3 ボウルにミンチと冷水を加えて手早く混ぜ合わせ、さらに(A)を加えて混ぜ、1.の野菜も加えて混ぜ合わせる。好みの大きさの小判型に成型する。
4 3.に(B)でフライ衣をつける。(C)を合わせてソースを作っておく。
4 フライパンにサラダ油を170〜180℃に熱し、4.を数回に分けて両面じっくり揚げ、しっかり油を切る。器に2.の野菜の水気を切って盛り、ミンチカツを形良く盛り付ける。4.のソースを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

お餅とチーズでとろ〜り茶碗蒸し

<分量>  4人前  
切り餅 1〜2ヶ
クリームチーズ 60g
ゆり根 1/2ケ
2ヶ
   
(A)  
だし汁 300〜350ml
薄口醤油 大1
みりん 大1
   
(B)  
だし汁 100ml
薄口醤油 小1
みりん 大1
日本酒 大1
 
(C)  
片栗粉 小1
小1
   
三度豆・柚子 適量

お餅とチーズでとろ〜り茶碗蒸し



1 お餅とチーズは1.5cm角くらいに切る。ゆり根は1枚ずつはがして綺麗に洗ってから柔らかく茹でる。(A)を合わせて冷ましておく。三度豆は塩茹でして小口切りにする。
2 ボウルに卵を割りほぐし、(A)を加えて混ぜ合わせてこし器にかけて滑らかにする。
3 耐熱の器にお餅とゆり根を入れ、2.の卵液も注ぎ、表面の泡をチャッカマン等で消し、ラップをかける。
4 蒸気の上がった蒸し器に3.を入れ、中火で2〜3分、弱火で10〜12分蒸す。途中表面が固まったらチーズをのせる。
5 4.が蒸し上がる間に(B)を小鍋で温め、(C)でとろみをつけ4.にかけ、上に三度豆と柚子の皮のせん切りを散らす。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

梅干しと昆布入りの土鍋ご飯

<分量>  4人前  
3合
梅干し 3ヶ
出し昆布(2cm×2cm) 5〜6枚

お餅とチーズでとろ〜り茶碗蒸し



1 米は洗ってざるに取っておく。
2 土鍋にお米と分量の水を注ぎ、梅干しと昆布を入れて普通に炊き、炊き上がったら、もう一度強火で2〜3分炊いて焦がす。

★もう一度、10分以上蒸らしてから混ぜると、土鍋の底の焦げが上手くこそげる。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ



生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2018年3月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白