HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

個性ある日本酒―「旨し酒」を造るために

ご報告


春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昨年は、車坂純米大吟醸出品酒が日本全国新酒鑑評会で通算11度目の金賞をいただくことができました。金賞をいただいた酒は、おかげさまで完売させていただくことができました。誠にありがとうございました。

今年も林本杜氏が愛情を込めて造った車坂純米大吟醸出品酒を2月28日に上槽しました。しかし、今回、蔵の定期便で皆様の期待を裏切るお知らせをさせていただかなくてはなりません。

今年は、残念なことに「日本で唯一お酒に関する国の研究機関である独立行政法人酒類総合研究所」が主催する日本全国新酒鑑評会に出品できなくなりました。

今年も当店の日本全国新酒鑑評会出品酒車坂純米大吟醸を心待ちにしていだだいておりましたお客様に深くお詫び申し上げます。

静かに発酵する酒
静かに発酵する酒

徹底された温度管理
徹底された温度管理



経緯


今年から当店が日本全国新酒鑑評会に出品出来なくなった経緯を簡単にご説明させていただきます。

当店は、10年近く前にある問題の意見の食い違いから和歌山県酒造組合を退会させていただきました。
また同時に全国酒造組合中央会も退会扱いとなりました。その時より、旨し酒造りを供に目指す酒造りの仲間としての気持ちは常に持ちながらも当店は個性ある日本酒を造る道を歩み始めました。

それから年月が経ち、国税局国立醸造試験場は、政府の行政改革により独立行政法人酒類総合研究所として運営の形態を変えることになりました。
行政法人となり運営の効率化が図られ、日本全国新酒鑑評会は、日本酒造組合中央会と共催になりました。
そのため、昨年秋、突然、出品資格は組合員の酒造会社のみという通達が日本全国新酒鑑評会に出品しているが組合加盟していない五つの蔵元に送られてきました。

当店は過去に何度も金賞という栄誉を獲得させていただいており、出品資格がなくなったことに対しては惜別の情が込み上げてきます。

また、「日本全国」と銘打った会への出品資格が共催のため制限されることは、幅広い層への日本酒の発展を願う旨し酒造りの仲間としては大変残念に思います。

酒類総合研究所からの通達
酒類総合研究所からの通達
ページ下部に『記』部分拡大

蔵人一同と社長
蔵人一同と社長

蔵元(営業・事務・他)一同
蔵元(営業・事務・他)一同



林本杜氏の情熱


しかし、当店の造った酒を評価していただける場が一つ減ったとしても、常に日本酒の向上を目指し、今できる最善の努力でお客様に旨し酒をお届けするという当店の酒造りに対する信念はかわりません。

林本杜氏も、昨年と変らず情熱を込めてこの酒を醸してくれました。麹を造る時、麹の出来具合を見るための室の隣の杜氏の小さな寝泊り小屋は今年も現役でした。この小屋はこれから先も当店が旨し酒を造り続ける限り、ずっと変らず室のそばにあるでしょう。

また、杜氏が大切に育てた今年の出品酒は、春の近畿国税局鑑評会、但馬杜氏の鑑評会、その他お声のかかる品評会には出品させていただきます。
そして、なによりも今年の当店の酒造りを楽しみにしていただいているお客様へ、今年の車坂純米大吟醸出品酒として出品させていただきます。杜氏の情熱のこもったこの出品酒を今年も皆様がご評価ください。

室(むろ)への入り口
室(むろ)への入り口

室(むろ)の隅にある寝泊り小屋
室(むろ)の隅にある寝泊り小屋



これから


当店はこれからも日本酒好きの方に一人でも多く楽しんで飲んでいただけるよう「旨し酒」造りをめざします。今後とも応援よろしくお願いいたします。

吉村秀雄商店 代表取締役社長  吉村 久喜




ご報告 (追記)

おかげさまで、先日行われました大阪国税局主催の新酒鑑評会で☆印(優秀)をいただきました。
ありがとうございました。



「平成20酒造年度全国新酒鑑評会について」、『記』部分拡大

「平成20酒造年度全国新酒鑑評会について」、『記』部分拡大


このページのTOPへ




「蔵の定期便」TOPへ

空白