HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

日本酒はこれからだ!! 純米酒フェスティバル&日本酒フェスティバル

梅雨明けが待ち遠しい今年の7月ですが、当店は皆様と直接お話できる日本酒の会や、紀ノ川の清掃キャンペーン「クリーン缶トリー運動イン岩出」、さらには初呑みきり・蔵開きと大忙しでした。


日本酒はこれからだ!! ―日本酒の会、至る所で

名古屋で行われた純米酒フェスティバルでは、名古屋の皆様の日本酒事情を直接お伺いできて有意義な一日を過ごせました。また、その週末には東京で日本酒フェスティバルに参加させていただき、日頃ご無沙汰している皆様と久しぶりにお話できて「日本酒はこれからだ!!」との思いを強くしました。


紀ノ川に感謝 ― クリーン缶トリー運動イン岩出

クリーン缶トリー運動イン岩出では、当店の酒造りに使わせていただいている紀ノ川の伏流水に感謝しながら、揃いの「G-sake(ジーサケ→じざけ→地酒)」Tシャツで紀ノ川河川敷の清掃を行いました。

クリーン缶トリー運動イン岩出に参加


日本酒の裾野を広めよう ―初呑みきり・蔵開き

27日は、恒例の「初呑みきり・蔵開き」を開催させていただきました。
今年は過去最高120名もの酒販店様や地元の皆様にお集まりいただき、「今年の酒も大丈夫だ」と太鼓判を押していただきました。

さらに、当店の地元・紀州岩出から日本酒の裾野を広めていこうという取り組みを、産経新聞社様、朝日新聞社様、和歌山放送様に取材していただきました。
杜氏の酒造りに対する姿勢や、蔵の貯蔵管理、オール和歌山の車坂熊野古道酵母を評価していただき、翌日の新聞にも掲載されました。

初呑みきり

蔵開き恒例・大バーベキュー


産経新聞 産経新聞
産経新聞 朝日新聞

『地元に愛されながら一歩一歩着実にまじめに「旨し酒」を造っていくんだ』という当店の思いを取材していただいたことは、今後の酒造りの励みとなりました。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


旨し酒を縁に

8月に入っても、まだまだ残暑が続くと思いますが、日本人のDNAに深く刻まれた日本の祭りはこれからが本番です。人が集い、思いが一致すれば大きなエネルギーが生まれます。
地元紀州岩出からこの国が元気になるように「旨し酒」を縁に当店も頑張ります。
応援よろしくお願いします。

今回の呑みきりの時、当店のOBの方から懐かしい写真をいただきました。戦後再建された初年度の和歌山城祭りに吉村秀雄が参加した時の写真だそうです。皆さんにご覧頂くと皆が集い楽しむ場である祭りが好きな秀雄もきっと喜ぶと思い ます。

創業者・吉村秀雄 再建時の和歌山城祭りにて
創業者・吉村秀雄 再建時の和歌山城祭りにて





「蔵の定期便」TOPへ

空白