HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

紀ノ川の源流を訪ねて『奈良編』

今年も新しい年が始まりました。当店では、22年度の旨し酒造りが佳境に入っております。皆様、本年も当店の旨し酒をよろしくお願いします。

大台ケ原
大台ケ原

当店の酒は紀ノ川の伏流水で醸しております。その紀ノ川の源流は日本有数の降水量を誇る大台ケ原にあります。

大台ケ原に降った雨は古来より神々が息づく熊野の山で清められ奈良の大地を潤すために吉野川に流れ込みます。さらに和歌山に入ると川は名を紀ノ川と変え、紀ノ川流域の穀倉地帯に豊かな恵みをもたらし、黒潮流れる大海にたどり着きます。


当店の旨し酒造りの原点である大台が原から流れ出る清冽な水は、源流の地を守る川上村から、吉野町、下市町、大淀町、五條市を吉野川として流れていきます。今年は吉野川が流れる五つの町を紹介させていただきます。


水と共生する村 川上村

川上村は清冽な水の村です。川上村から吉野川に流れ込む無数の滝は四季折々の風景を見せてくれます。川上村に鎮座する水の神を祭る丹生川上神社上社は、天武天皇四(675)年に創祀されて以来、祭日には全国から崇敬者が詣でる霊験あらたかな古社です。
川上村には、まさにパワースポットとも言える景観の滝が多数あります。その滝を眺めていると水が生命の源であることを実感できます。

明神の滝 (写真提供:川上村)   蜻蛉の滝 (写真提供:川上村)   御船の滝 (写真提供:川上村)

明神の滝 (写真提供:川上村)

この滝の奥、源流近くには南朝とも縁が深く後南朝最後の天皇「後亀山天皇」の孫にあたる尊義王が隠れ住んだ行宮跡があります

 

蜻蛉の滝 (写真提供:川上村)

大峯奥駈道の入り口にある秋にはトンボが乱れ飛んだという自然豊かな滝

 

御船の滝 (写真提供:川上村)

水量と高さを誇り、氷瀑が有名な滝


屏風滝   大天井滝 (写真提供:川上村)   琵琶の滝 (写真提供:川上村)

屏風滝

大台ケ原の登山道にある落差10mのかわいいい滝

 

大天井滝 (写真提供:川上村)

優雅な美しさを誇る滝

 

琵琶の滝 (写真提供:川上村)

落差50m 川上村の滝の女王


不動窟の滝

不動窟の滝

どこに流れ込んでいるかいまだ解明されていない洞窟の中の滝


大迫ダムに紀ノ川発見!
大迫ダムに紀ノ川発見!

ちょこっと紀ノ川自慢
大迫ダムにかかる橋の欄干に紀ノ川発見!



桜と吉野川が中心の町 吉野町

吉野町は、平安時代に編まれた古今和歌集に既に桜の名所として詠われるほど桜が有名です。吉野は、古事記、日本書紀や万葉集にも記載があり、壬申の乱を始め、歴史の表舞台に何度も登場しています。また、金峯山寺は修験の聖地として全国から敬われています。
吉野川が町の中央を流れる吉野町には、八咫烏の北岡本店さん、猩々の北村酒造、花巴の美吉野酒造さんの三軒が日本酒を造っています。

吉野から眺める雄大な吉野川
吉野から眺める雄大な吉野川



吉野川の南に位置する市の町 下市町

下市町は平安時代から吉野の豊かな森林資源を商う市の町として発展してきました。吉野川、紀ノ川の豊富な水量を背景に江戸時代になると参勤交代に伴う交通の大動脈となり、吉野の商都としてさらなる賑わいを呈しました。川上村にある丹生川上神社の下社があります。
下市で日本酒を造っているのは万代老松の藤村酒造さんです。

ゆったりと流れる吉野川です。(下市吉野川)

ゆったりと流れる吉野川です。
(下市吉野川)



吉野川の北で発展を続ける町 大淀町

大淀町は歴史と農業の町でもあり、梨の産地としても知られています。最近では、大阪との交通の便がよく緑あふれるベットタウンとしても人気があります。
大淀町の造り酒屋は山桂の岡本本家さんです。

大淀町を流れる吉野川

大淀町を流れる吉野川



紀州街道の中心地 五條市で

吉野川の最後に控える五條市は和歌山県橋本市と隣接しています。

五條市の不思議エピソードを2つ

五條か五条か?

行政名は、五條市に2002年に統一されましたが、JRの駅名は五条駅のままです。
さてどちらが正解でしょう?

歴史の表舞台に登場するかと思いきや!

吉野から逃れた南朝の本拠は五條の賀名生にありました。また天誅組の変の際、桜井寺に五条仮政府が置かれましたが、機は熟さず明治維新はこの五年後でした。進取の気概あふれる五條の民は歴史の名脇役でした。

五神の五條酒造さんと松ノ友の山本本家さんが五條で酒造りをしています。

ちょこっと紀ノ川自慢
河川表示に紀ノ川発見

五條市に紀ノ川発見!

五條市に紀ノ川発見!



紀ノ川に連なる造り酒屋

昔からは酒造りには水と米が大切であり、その両方がそろった吉野川、紀ノ川流域には造り酒屋がたくさん軒を並べておりました。当店もそのような歴史ある酒造り街道の一員として今年も旨し酒を造っていきます。ぜひ、吉野川、紀ノ川流域の旨し酒をご賞味ください。

大川橋から吉野川を望む

大川橋から吉野川を望む



お知らせ

今年も招福旧暦カレンダーを作りました。
2月2日までに当店オンラインショップでご注文の皆様に同封させていただきます。

招福旧暦カレンダー





「蔵の定期便」TOPへ

空白