HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

第三十九便「2011年 初呑み切り」

暑い中、日本酒好きの皆様に多数ご参集いただき、今年も初呑み切り・蔵開きを無事開催できました。皆様、ありがとうございました。

例年通りすべての酒の熟成具合を皆様に公開し、特に問題のある酒はないとのご評価を賜りました。


一番人気は…

その中でも人気投票で一番人気に輝いたのは、22BY車坂純米大吟醸出品酒でした。

この酒は、林本杜氏が毎年赤子をいつくしむように育て醸す魂の酒です。今年のできはどうかと味をみていただきたく皆様に評価していただくお酒として市場に出品しています。 その酒が、初呑み切りでも一番人気に輝いたことは嬉しい限りでした。ただ、出品酒の蔵内在庫はすべて完売しております。もし、飲んでみたいと思われる方は、特約店さんお手持ちの出品酒をお探しください。

21BY、20BYの車坂純米大吟醸無濾過生原酒コンビは二番、三番人気を押さました。こちらも特約店さんでは、黒ラベル仕様で人気急上昇中の酒です。20BYは、おかげさまで完売になりました。現在は21BY単独販売です。

22BY車坂純米大吟醸出品酒

22BY車坂純米大吟醸出品酒


日本城は健在! 熟成された米焼酎も人気

続いては、地元で人気の日本城極上純米日本城吟醸純米酒がランキング入り、日本城の健在ぶりをアピールしました。

さらにこれぞ古酒の醍醐味、賛否両論、今年一番の注目株は、十五年常温熟成古酒(※1)でした。
どの酒よりもこれが飲みたいと熱望された方、お金を払ってでも飲みたくないと拒絶された方、議論百出で良い意味でも悪い意味でも皆様の記憶に残る酒となりました。

また、当店の米焼酎や和リキュールも楽しんでいただきましたが、特に十五年熟成の米焼酎「黒潮波」は、米の甘みと熟成具合のバランスがちょうどいいと高評価をいただきました。

日本酒はもとより、米焼酎も含め当店の熟成に高評価をいただいたのは、やはり、土壁蔵のゆりかごで大切に育てた賜物と考えおります。
当店の酒は、すべて蔵内で熟成させており、地下の貯蔵庫は夏でも20度を超えない涼しさ、一階の蔵内も外気温との差は、5〜10度あり、それに加えて蔵内に一万本の一升瓶が入る独立型冷蔵庫も設けております。酒の熟成に応じてそれぞれの温度帯を使い分けて最良の状態で出荷しております。

蔵見学では、快適な熟成環境を実際に肌で感じていただくことが今年もできました。
来年は、みなさんにより一層日本酒の魅力を肌で感じていただこうと、初呑み切り・蔵開きのリニューアルを予定しております。ご期待ください。


※1…原材料:米・米麹・醸造アルコール、アルコール度:19度、日本酒度:-1.5、酸度:2.1、アミノ酸度:2.0



今年も毎日新聞さんと和歌山放送さんに取材していただきました。
取材の様子

毎日新聞





「蔵の定期便」TOPへ

空白