HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

吉村秀雄商店創業の源流:100年前の日本人

明示の人々

先日、倉掃除をしていたら、珍しい写真をみつけましたので、皆さんにご紹介します。
真ん中の角次郎を中心にその孫まで三代に渡る100年以上前に撮った係累写真です。
100年前の日本には二人の夫婦が『三世代の係累写真をとる』と一言声をかければ30人もの人が当たり前に集まるエネルギーが心身ともにありました。

係累写真

当店創業者の秀雄はまだこの頃独身だったため、角次郎の係累は以後も順調に増えていきました。激動の世界で日本を支えていた明治の人々には、今より眼力があるような気がします。みんなの顔は自信に満ち溢れています。

そんな角次郎の子どもたちは、中国、朝鮮など外地に活躍の場を求めた者、軍人になった者、学者になった者など未来を世界に求め自らの手で切り開きました。この地に残ったのは長男友之進と末弟秀雄だけでした。

秀雄はその後、酒造業を起こし吉村秀雄商店の開業に至りました。


クイズ

さて、ここでクイズです。
晩年の秀雄の写真と見比べどこに秀雄をいるのか見つけてください。当社にお知らせいただければすてきなプレゼントを差し上げます。(2012/2月末まで)

創業者・吉村秀雄 再建時の和歌山城祭りにて
創業者・吉村秀雄の晩年の姿 再建時の和歌山城祭りにて

ちなみに、明治維新、日清・日露戦争、昭和恐慌、敗戦、バブル終焉など日本の激動を見つめてきたこの集合写真の背景は、今、吉村秀雄商店の玄関となっています。
当店、訪問の際、ご確認ください。




「蔵の定期便」TOPへ

空白