HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

わが町・岩出 しょうがつさんぽ

私どもの蔵がある和歌山県岩出市は、明治22年(1889年)に那賀郡岡田村・溝川村・高塚村・大町村・清水村・宮村・高瀬村・備前村・西野村の地域を合わせて行政区の岩出村として発足しました。明治41年には岩出村から町制施行で岩出町となりました。

その後、昭和31年(1956年)山崎村・根来村・上岩出村・小倉村の一部が合併し、人口13000人を有する今の市域となる岩出町が出来ました。さらに平成18年(2006年)、和歌山県内で9番目の市、岩出市に昇格しました。(単独市制施行は有田市以来50年ぶりです。また平成26年度現在、人口は53000人を有します)

現存の土壁蔵が建てられてから今年でちょうど100年目になりますが、蔵周辺は往時の面影がほぼ無くなり、近くを幹線国道24号線が通っています。しかし、町の辻や家々にはまだまだ懐かしい岩出の姿を偲ばせるものはたくさんあります。

そんな懐かしい岩出を今年は2枚の紀伊国名所図会をたどりながら大和街道(伊勢街道)とともにご紹介します。


大和街道

大和街道(伊勢街道)は参勤交代の街道にも使われた紀州藩第一の街道ですが、後には紀ノ川を使った物流の交易街道としても賑わいました。
その街道沿いをJR西日本の和歌山線が和歌山市から奈良の王子まで繋いでおります。岩出市には船戸駅、岩出駅の2駅があります。



船戸の渡し

先ずは『船戸の渡し』が描かれている名所図会から現在の岩出を探してみましょう。
この図会には「蔵王寺岩手里」、「御殿院」、「えぼし岩」、「経渕」、「箱山」、「御殿山」、「弁天」、「蔵王寺」などの文字がみえます。

船戸の渡し
船戸の渡し(図会1)

図会1の場所は、「船戸の渡し」で、今の船戸駅から岩出大橋周辺です。

県道10号線から船戸の駅を眺めるとちょうどこの図会1のような急峻な山が紀ノ川に向かっているのがよくわかります。

紀ノ川と貴志川の合流地点より東は高野山寺領のため、大和街道は「船戸の渡し」で紀ノ川を渡り対岸の大宮へと続きます。

図会1に載っている御殿山は船戸山ゴルフクラブと小倉ゴルフクラブのちょうど中間の山だと思われます。
箱山は図会1では紀の川市丸栖あたりになりますが、船戸箱山古墳群という古代の古墳群が船戸駅から向かって御殿山の右にあるので図会1の位置関係はあまり正確でないのかもしれません。


この船戸箱山古墳群は岩出市の史跡には指定されていますが、発掘調査のあとは放置されています。岩出市にとっては貴重な古墳群なので古墳公園として整備が待たれます。

江戸時代、このあたりの紀ノ川岸辺には人とり岩・畳岩・なまず岩・えぼし岩や車岩など呼ばれる岩出の由来にもつならる奇岩が並び、景勝地として親しまれてきました。
この図会にも「えぼし岩」、「経渕」の文字がみられ、対岸には「御殿院」と書かれた丘も描かれています。この「御殿院」の丘には「厳出御殿」と呼ばれ、歴代藩主が参勤交代の時などに宿泊した別荘がありました。


この地から箱山、紀州富士の名で知られる龍門山の美しい姿を望むことができます。
御殿山は昭和のはじめまで公園として地元の人々に親しまれていました。
しかし、奇岩のあった辺りが川の流れの障害となり再三にわたる岩出水害の原因となったため、河川改修工事で奇岩及び御殿山の一部を取り崩し、かつての姿は失われています。
今は御殿山のあたりには『岩出御殿』という入浴施設が建っています。


図会1で弁天と記載されている神社が今も船戸の集会所兼神社として残り、その裏には奇岩のみられる川辺がそこだけ改修されず往時のまま残っています。図会1の「経渕」あたりと思われます。


さらに図会1通りの曲りを残した街道もそのまま生活道路になっています。


また、蔵王寺は醍醐寺派の修験道場として現存し、地元では「どんさん」として親しまれ信仰の対象として崇敬されています。



大宮神社の渡し場

次の図会は対岸の大宮神社の渡し場風景です。

大宮
大宮神社の渡し場(図会2)

図会右下の対岸には船戸の渡しの街道が見え、「岩出の渡し」、「六ヶ井」、「観音院」「ゴテンヤマ」の記載があります。


また、大宮神社の境内には「熱田社」「円満院」、「不動」、「アカ井」、「イナリ」など神仏習合の形態で根来寺との強い関連を示しています。


新義真言宗根来寺を開山した覚鑁上人が仏法の守護神として神祇官八神を祀り1000神余を大宮神社に勧請したと言われています。奇祭と言われるよみさし祭りは、今も連綿と続いています。

よみさし祭り
よみさし祭り


大和街道

大宮神社の前を通る大和街道の商店街はかなり町並みがさびしくなっています。しかし、昔の面影を残す商店跡もあり、街道散歩道を楽しめます。


街道沿いには武士がベロを出し、武部と読める判じ物の珍しいコテ絵などもあります。

コテ絵   コテ絵   コテ絵

コテ絵

 

コテ絵

 

コテ絵


ここから岩出駅に行くまでに紀伊国名所図会に載っている寺社がいつかあります。まずは図会2に描かれている観音院(密教山観音院總堂寺)、さらには天龍山寶珠院閼伽井寺、明治になって大宮神社に合祀された疱瘡神祠跡などが付近にあります。

また大和街道沿いには船津社もあります。

少し、寄り道をしながらようやく岩出駅に尽きましたが、岩出はまだまだ広いので続きは来年に!






「蔵の定期便」TOPへ

空白