HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

第六十二便「28BYの旨し酒造りに向けて」

山崎神社のご祈祷を受けました

蔵入りの際に地元の氏神様『山崎神社』のご祈祷を受け、今年の酒造りが始まりました。

山崎神社のご祭神は大市姫神(オオイチヒメノカミ)、須佐之男命(スサノウノミコト)、大山祇神(オオヤマツミノカミ)の三神です。
大市姫神は、須佐之男命の妻そして大山祇神の娘ですから、山崎神社は大変血縁の深い神々をお祭りしています。家庭円満祈願に霊験あらたかです。

さらに、大市姫神は、五穀豊穣の神として敬われ、その五穀を売買する市の繁栄や商売繁盛の神様です。さらにさらに国津神(クニツカミ)である大山祇神は、その名の通り、山を支配する自然神として奉られ、娘である木花開耶媛(コノハナサクヤヒメ:大市姫神とは姉妹)が火遠理命(ホオリノミコト:神武天皇の祖父)を産んだ時、父の大山祇神が大変喜んで狭名田(サナダ)の茂穂(シゲホ)を醸し、天甜酒(アメノタムケノサケ)を天津神(アマツカミ)に献上したという逸話から、穀物で醸した酒を初めて造った神として酒解神(サケトキノカミ)としても有名です。

そのような商売と酒造りに大変縁の深い御神様にご祈祷を毎年捧げております。

山崎神社
山崎神社

ご祈祷
ご祈祷


日本城 『初しぼり』 がいよいよ蔵出し!!

さて、藤田杜氏は今年で4期目となる28BY(BY=醸造年度、平成28年醸造)の酒造りです。
新人2人も加わり、藤田もますます気合の入った酒造りになりました。
当蔵では、27BYより釜場を整備し、より精緻な蒸しで27BYの酒は好評をいただきました。

麹振りの様子
麹振りの様子


今年はその釜場にも慣れ、より旨し酒が上槽できると思います。
麹造りは酒造の要でありますが、まずは良い蒸米ができること!
さらに藤田の4期目の熟練も加わり良い麹ができたと思います。当蔵では、今年ももちろん全量、手作りの麹で仕込んでおります。
寒仕込みだけの地酒蔵としては最初の仕込みは本当に気を遣うものです。蔵人の汗と努力が旨し酒になります。
その年の米、その年の気候によって酒造りは左右されますが、杜氏の経験はその試練を乗り越え、旨味ある腰のしっかりした酒を生み出すものと確信しております。
28BY 、初めて醸すお酒。 新酒生酒の特別な香り、この時期だけしか味わえないスペシャルな初搾りのお酒です。 是非とも、ご賞味ください。

日本城「初しぼり」
原材料:米、米麹、醸造アルコール アルコール度15度、精米歩合 58%

日本城 初しぼり本生酒

容量1.8L
価格¥2,408 (税抜)

カゴに入れる クール便対象商品

日本城 初しぼり本生酒

容量720ml
価格¥1,204(税抜)

カゴに入れる クール便対象商品

日本城「初しぼり」について、詳しくはこちら。





「蔵の定期便」TOPへ

空白