HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOMEプレスリリース > 2006年9月吉日

プレスリリース

各位
平成18年9月吉日
株式会社吉村秀雄商店
和歌山県岩出市畑毛72番地

新商品リキュール『じゃばら酒』販売のご案内

じゃばら酒

じゃばら
じゃばら

平素は弊社商品のご拡売にご尽力を賜り誠にありがとうございます。この度、弊社ではリキュール『じゃばら酒』を発売致します。『じゃばら』の産地である北山村と共同開発致しました。北山村は和歌山県でありながら、三重県と奈良県に囲まれ、和歌山県のどの市町村とも隣接しない日本で唯一の飛び地の村です。人口530人と典型的な少子高齢化と過疎化が進んだ村ですが、林業と筏下りの歴史を持つ伝統ある村です。現在では村のシンボルとしてじゃばらが大切に育てられており、その味わいや栄養価から大変な話題を生んでおります。弊社も村の想いを少しでも多くの方に届けたいと、社運をかけてじゃばら酒開発に取り組みました。地酒蔵として味わいにこだわり抜き、純米酒をベースに使用した本格派の日本酒リキュールに仕上げました。全面的な村のご協力とじゃばらという素晴らしい素材のおかげで、モニター調査でも結果は評判良く、女性の人気が非常に高く自信を持ってお勧めする新商品に仕上がりました。村と私たちの思いの結晶です。どうかたくさんの方に楽しんで頂けたらと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。

■モニターとして飲んで頂いたお客様の声

  • 勝浦、ホテル役員 S 様
    食前・食後酒にピッタリ。 地元の果実なのでお客様に自信を持って勧められます。
  • 岩出 会社員(女性) H 様
    お酒を飲まない私でも飲みたい。日本酒は飲めないのに「じゃばら酒」は O.K.
  • 大阪 会社員(女性)Y様
    楽しく飲めました。女性に人気のお酒になると思います。
  • 大阪 飲食店店長  T 様
    これは売れると思います。試飲してもらったお客様もすぐに飲んでしまいました。

オススメのポイント

  • 「じゃばら」とは、全国で唯一和歌山県北山村でのみ栽培されている珍しい柑橘です。ゆずや橙、カボスの仲間の柑橘系果実です。
  • じゃばらのすっぱさ・香り・甘さの中にもさっぱりした味わいが絶妙です。
  • 日本酒ベースのリキュールのため優しい味わい。
  • ロックや水割り又は炭酸割り、お湯割りでも味わえます。
  • お酒は嫌いだけど、「じゃばら酒」なら柑橘の味がしてすっきり爽やかに飲めるとの声も。
  • 食前酒や食後酒としても甘酸っぱい味がしてピッタリです。

『じゃばら』名前の由来

『邪気を払う』という意味から名づけられたといわれています。

■メディア

朝日新聞
2006年11月6日
産経新聞
2006年11月9日
読売新聞
2006年11月12日
毎日新聞
2006年11月15日
朝日新聞 2006年11月6日 朝日新聞 2006年11月6日 朝日新聞 2006年11月6日 朝日新聞 2006年11月6日

※画像をクリックすると拡大した画像が表示されます。

■商品詳細

商品名 じゃばら酒
アルコール度 10 %
希望小売価格(税込) 2,000円
希望小売価格(税抜) 1,905円
容量 720ml
入り数 6入りダンボール
カートン入り サイズ 9.5×9.5×20p
重さ 1.55kg
ケース サイズ 21×30×20.5cm
重さ 9.5kg
JANコード 4903235323684


誠に申し訳ありませんが、
弊サイトではじゃばら酒のオンライン販売を行っておりません。
お求めの際は、弊社までお問合せください。お近くのお取扱店様をご案内申し上げます。

以上




プレスリリース一覧へ



空白