HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOMEプレスリリース > 2006年6月吉日

プレスリリース

報道機関各位

平成 19 年 6 月吉日
株式会社吉村秀雄商店
和歌山県岩出市畑毛72番地


毎年恒例 地域の小学生を招いての
体験田植会と酒蔵開放を6月9日に実施します。

拝啓

風薫る季節となり、夏さえも感じる太陽が顔を見せておりますが、いかがお過ごしでしょうか。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。地域の皆様に支えられ無事酒造りを続けております。

さて、今年で三年目を迎えました“体験田植会と酒蔵開放”を実施いたします。
本年は現在までに38人(地元山崎小学校の児童を中心に、その父兄や友人、地酒ファンなど)のお申し込みをいただいており、これまでで最高の人数にご参加いただくこととなりました。9月には同じ田んぼで稲刈を行い、12月にはお酒ができあがる予定です。親子の思い出作りに完成したお酒300mlは、保護者の方へプレゼントさせていただいております。お子様の心のこもったお酒は格別に美味しいものと思います。


昨年の田植えの様子


地産地消という言葉が近年のキーワードとなっておりますが、当蔵では故郷の思い出や郷土愛なくては単なるかけ声に終わるのではないかと考えております。
人口が増加する岩出市では、田植も稲刈も知らない大人や子供も増えております。都市化する岩出も子供たちにとってはかけがえのない故郷です。ぜひ子供たちに故郷の思い出をつくってあげたいと思い、毎年この会を開いています。
田んぼに入り泥にまみれ五感を刺激する体験は、自然や環境、郷土への思い強くし、遊びが最高の学びに、そして思い出になると思います。

酒蔵開放も普段入ることのない大きな蔵に入ることができると毎年大人気です。身近な職業体験となれば幸いです。子供たちの元気な様子を報道いただき、世の中の多くの方に元気を、そして地域に興味を持ってくださいましたら幸いです。

敬具




当日は地米での酒造りや、弊社の社会貢献への取組などをお話しすることが可能ですのでご自由に取材くださいませ。


■日時

平成19年6月9日(土)

午前 9時30分 当蔵駐車場にて集合(当蔵地図はこちら
午前10時 当蔵前自営田にて田植え開始
午後12時 昼食(おにぎり・豚汁の簡単なもの)
午後 1時 酒蔵見学
午後 2時 解散

小雨決行、雨天中止(順延はございません)
※ 雨天中止の場合は、八時半までに電話にてご連絡いたします。


■参加費

無料。

万が一のため弊社にて、保険に加入いたします。(弊社負担)日本城ハンドタオルプレゼント。
お酒が完成したら試飲用300ml入りを参加者または保護者の方にお酒をプレゼント致します。


■株式会社 吉村秀雄商店 概要


代表者 代表取締役 吉村久喜(よしむらくき)
創業 大正4年
設立 昭和30年
資本金 5,200万円
本社 和歌山県岩出市畑毛72番地 TEL:0736-62-2121 FAX:0736-62-2121
事業内容 日本酒・焼酎・リキュール等の製造販売
URL http://www.nihonsyu-nihonjyou.co.jp/

以上




プレスリリース一覧へ



空白