HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME製品情報 > 亀の歩み > トキアカシ > 1.はじめて飲んだ日本酒がまずい。
コンセプトラインアップアカルイウナヅキヒラキトキアカシカメハナシカメトキ

1.日本酒はまずい。 〜何を飲んで、何をアジだと思い、何をマズイと感じましたか?



もしかすると、最初に飲んだ飲み放題の日本酒で、そう思っているのかもしれません。

『初めての日本酒の味はいかがでしたか?』

「まずかった…」と、記憶している方も多いのだと思います。

あの頃は本当に、「アジ」を味わっていたのでしょうか?

自分と照らして考えてみると、あの頃は、『日本酒』とメニューに書かれているのを見つけて、
『日本酒ください!』と、酔って、ノリで頼んだり、無理に飲まされたりして
『日本酒はまずい』と、なんとなく語っていた気がします。
そして、なぜか悪酔いイメージの矛先には「日本酒」が祭り上げられていた…。

現在、日本酒を造る蔵元は約1500社で約4,000種類の銘柄が造られていると言われています。

多くの蔵元が一生懸命、特徴のある日本酒を造っているのに、

メニューに「日本酒」と書かれている銘柄もなにも書いていない「日本酒」とは一体何でしょうか?

人生を楽しむためではなく、ただ酔うために飲んだり、飲まされたりした日本酒ならばいい思い出は残りませんよね。

初めて飲んだ日本酒が、味わうものではなく、酔いを加速させる為だけに使われたのでは、日本酒にとってもあなたにとっても不幸なことです。

酔いを加速させるためのお酒は、他にもたくさんあります。
日本酒を味わっていただき、人生の楽しみに花を添える役割を我々は担っていきたいと考えております。



そろそろ、じっくりと日本酒に向き合ってみませんか?



私達にとって、日本酒とは何だったのでしょうか?

1next2 3 4




Consept【コンセプト】|Lineup【ラインアップ】:アカルイウナヅキヒラキ
Messege【トキアカシ】|Story【カメハナシ】Time【カメトキ】

空白