HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME > 吉村秀雄商店の魅力 > 3.素材
1.風土2.土蔵3.素材4.人5.発信6.築き7.受賞歴

3.素材

紀ノ川の伏流水地元の米を使った真の地酒造り

あらき島の棚田

田植

あらき島の棚田

酒造りは米作りに始まります。
和歌山県は酒米の生産が遅れた地域です。
平成17年度に初めて山田錦が和歌山県の酒造好適米として認定されました。
和歌山での酒米の生産はまさにこれからなのです。
弊社は、地元の米を使った真の地酒造りを目指しています。

総健農法という有機の土作りからの米作りを、契約農家の方に奨励しております。

熊野古道のかつらぎ町天野、環境保全のため清水町あらき島の棚田
高野山の霊水が流れ込む橋本市恋野、環境保全型の契約栽培を行っております。

また、地域の小学生と田植えの体験学習を開催する等、
真の地酒を地域の自然環境や皆様と共に造りあげます。


紀ノ川の伏流水地元の米を使った真の地酒造り




関連リンク:「蔵の定期便」では田植や稲刈りの様子をご紹介しております。

「吉村秀雄商店の魅力」TOPへ


空白