HOMEline会社概要line特約店lineよくある質問lineお問合せlineサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
HOME > 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 春分の料理「旬の春野菜をじゃばら酒と一緒に楽しむ!」

春分の料理「旬の春野菜をじゃばら酒と一緒に楽しむ!」

磨かれたきれいな味。ヘルシーなお料理と春の行事に


食卓

弥生の節句から季節は桜の時期へと移ろい始めました。春の陽射しと穏やかな春風が優しく頬を撫でるようになってまいりました。ただ、花粉症の方々には辛い季節でもありますね。そこで、今月は花粉症にも効果が期待できるという「じゃばら酒」を吉村様からお送り頂きました。「せんの会」お勧めの春野菜をふんだんに使った早春の和食と共に食卓を囲みました。今月も旬の食材を選び、身体に優しいお料理を召し上がっていただきました。
では、吉村様の美味しい日本酒にぴったりのレシピを3品ご紹介いたします。


今月のお酒

じゃばら酒

「じゃばら酒」

原材料:日本酒、じゃばら、糖類  アルコール度10度

お酒解説

花粉症やアレルギー性鼻炎の予防に良いといわれる、北山村産の“じゃばら”果汁がたっぷり。
フラボノイド(抗酸化作用)とビタミンも豊富で、よけいな添加物のまったくない日本酒ベースのリキュールです。
個性的な味わいですが、クセになりますヽ(^。^)ノ
そのまま(もしくはロックで)飲んでいただくと、じゃばら特有の強い柑橘の香り、そして強い酸味が、やはり強烈すぎて好き嫌いが分かれるかもしれません。
やや苦手だなという方は、以下の飲み方をぜひお試しいただければ“美味しさ”発見です。


  • 炭酸水で割る(3:7〜5:5くらい、お好みで。水割りも可。)
  • お湯で割る(熱湯と5:5がおすすめです。ホットレモン的な感じ。)
  • ビールで割る(1〜2割程度入れると爽やかに。5:5ではがっちりじゃばら感。)

ビールに入れるのをびっくりなさる方もいらっしゃいますが、ビールベースのカクテルもございますし、またフレーバー付きのビールも実はけっこう一般的であります。

ぜひお試しになってはいかがでしょうか。
またハードドリンカー?(^^; の方からは「焼酎で割ると旨い!」というご意見も。


今月のおもてなし

今月は弥生の節句「お雛様」をお飾りして皆様をお迎え致しました。また、お庭のお花を色々なところに活けて皆様の心を癒して頂きました。自然に育った野の草花には透明感があり、香りと共にお部屋を春色に染めてくれます。骨董の陶器立雛などもとても愛らしく、大好きなお飾りでお教室をしつらえました。

手洗いの片隅に色とりどりのパンジー 備前の花器にお庭のお花 骨董の立雛とクリスマスローズ
1. 2. 3.
山口艸平氏のお雛様のお軸 梅田裕子先生の桜のお皿に三色チーズクリームムース 亡き義母が娘の初節句に描いてくれたお雛様お軸
4. 5. 6.
  1. 手洗いの片隅に色とりどりのパンジー
  2. 備前の花器にお庭のお花
  3. 骨董の立雛とクリスマスローズ
  4. 山口艸平氏のお雛様のお軸
  5. 梅田裕子先生の桜のお皿に三色チーズクリームムース
  6. 亡き義母が娘の初節句に描いてくれたお雛様お軸

↑このページのTOPへ

今月の見どころ、勘どころ

今月の見どころ、勘どころ 今月の見どころ、勘どころ

今月は旬の野菜を梅田裕子先生が描いてくださったお重やお皿、骨董の輪島のお椀や竹籠・自作の器などをアレンジして和のテーブルコーディネートに致しました。春の温かさとともに春野菜のお料理で思わずおしゃべりが弾み、本当に幸せな時間がお教室を包みます。皆様も旬の野菜をふんだんに使ったお食事をなさって下さい。


今月の料理

春キャベツたっぷり豚ロール生姜風味

春キャベツたっぷり豚ロール生姜風味

<分量>  
豚もも薄切り肉 400g
キャベツ 1/4ケ
   
(A)  
生姜(すりおろし) 1片分
醤油 大3
日本酒・みりん 各大さじ 2
砂糖 小さじ 2〜3
   
小麦粉 適量
サラダ油 大1
サラダ菜 適量
プチトマト 適量


1 キャベツはせん切りにして耐熱皿に入れ、ふんわりラップをかけ、電子レンジで2〜3分加熱する。粗熱を取って水気を絞る。
2 豚肉は2〜4枚をずらしながら重ね並べ、手前を少しあけて1.のキャベツをのせ、手前からきつく巻く。残りも同様に巻き、表面に小麦粉を薄くまぶす。
3 フライパンにサラダ油を中火で熱し、2.の巻き終わりを下にして並べ、こんがり焼き巻き終わりがひっついたら、残りの部分も全体にこんがり焼く。
4 3.のフライパンの余分な脂を拭き取り、(A)を回しかけて調味して味を絡める。食べやすい大きさに切り、サラダ菜を敷いた器に盛り、タレをかけ、プチトマトを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

春野菜のかき揚げ 2種類のかき揚げを楽しむ!

春野菜のかき揚げ 2種類のかき揚げを楽しむ!

<分量>  
春菊 1/2束
桜海老 20g
紅生姜 30g
新ごぼう 1/2本
新玉ねぎ 1/2ケ
人参 1/3本
大葉 2〜3枚
しらす 適量
天ぷら粉 適量
冷水 適量
揚げ油 適量
抹茶塩・天つゆ 適量

★天ぷら衣は冷水3/4cupに天ぷら粉1cupの割合で加えて混ぜ過ぎないようにする。 



1 春菊は3〜4cmに切り、紅生姜は水気を絞る。ボウルに春菊・紅生姜・桜海老を入れて混ぜておく。
2 新ごぼうはささがき、新玉ねぎが薄切り、人参と大葉はせん切りにする。別のボウルに新ごぼう・新玉ねぎ・人参・大葉・しらすを入れて混ぜ合わせる。
3 1.と2.のボウルにそれぞれ天ぷら粉を適量振り入れて、全体に絡める。
4 ボウルにの割合で天ぷら衣を作る。3.のボウルに最小限の分量の天ぷら衣を加えて軽く混ぜる。
5 170〜180℃に熱した揚げ油に、鍋のふちに向かって適量落とし入れ、まとめるようにして揚げ、裏返して両面揚げる。器に盛り、抹茶塩・天つゆを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

菜の花のサラダちらし寿司

<分量>  4人前  
菜の花 1束
玉ねぎ(みじん切り) 1/4ケ
きゅうり(薄切り) 1本
かにかま(1cm幅) 4〜5本
ちりめんじゃこ 適量
お漬物(みじん切り) 適量
プロセスチーズ(5mm角) 30〜40g
   
(A)  
2ヶ
塩・砂糖・日本酒 各少々
   
2合
出しこぶ 3〜4cm角
オリーブ油(好みで) 大さじ 1
 
(B)  
すし酢 大さじ 3
レモン汁 大さじ 1
   
いりごま・きざみのり 各適量

菜の花のサラダちらし寿司



1 米は洗い、普通より少な目の水加減にし、昆布加えて30分くらいおいてから炊く。
2 菜の花は根元の部分を少し落とす。つぼみの部分は3cmくらいに切り、茎の部分と分けておく。鍋に熱湯を沸かし塩を加えて、茎の部分を先に茹で、つぼみの部分はサッと茹でる。ざるに上げて粗熱を取り、茎は1cm幅の小口切りにし、水気を絞る。
3 きゅうりは小口切りにして塩をふり、しんなりしたら塩気を流してしっかり水気を絞る。
4 ボウルに(A)を入れて割りほぐす。フライパンに流し入れ、菜箸4〜5本で手早く混ぜて炒り卵を作る。
5 1.のご飯が炊けたら、半切りに移して(B)を加えてしゃもじで切るように混ぜる。熱いうちに玉ねぎ、オリーブ油を順に加えて混ぜ、残りの具材も混ぜていく。器に盛り彩り良く盛り付ける。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

管理栄養士のちょっと得ダネ!

「花粉症の季節ですが・・・」

待ちに待った春が近づくと花粉症に悩まされる人が増えてきます。
最近では腸内細菌もかなり花粉症の発症に関わっていることが分かってきました。

腸内細菌を弱らせないためには下記の物を摂り過ぎない事

  • 蛋白質・・・肉・魚・卵・乳製品・豆乳など大豆製品
  • 脂肪・・・油(体に良いと言われる油も含む)やバター・マーガリン
  • 加工食品・・・工場で作られた物の殆どに腸内細菌には良くないものが入っています。
  • 砂糖類

そしてストレスを溜めない事も大切です。

食事はバランスを考える・体内時計を整える(規則正しい生活で夜更かしをせず睡眠も充分にとる)・体を動かす・楽しいと感じる時間を持つ

どこか思い当るところはありませんか?
良いと分かっている生活に戻してみませんか?


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん


旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

AKOさん 春野菜のかき揚げの野菜の甘味と油物にスッキリさっぱりした「じゃばら酒」がよく合いました。
りんごさん 果汁たっぷりのさわやかな口当たりにお料理ととてもあいました。春キャベツたっぷり豚ロールにびっくり!
Kaoriさん 甘くて飲み易い印象です。春野菜のかき揚げと合いました。
ホワイトさん 春野菜のかき揚げと共に頂きました。揚げ物を食べた後に口の中がさっぱりとさわやかにリセットされて、美味しかったです。
きのこさん 「春キャベツのたっぷり豚肉巻き」・「春野菜のかき揚げ」とスッキリほんのり甘酸っぱいじゃばら酒がとても良く合い美味しかったです
YUKIさん

じゃばら酒が美味しく頂けて、お料理との相性もとても良かったです。春の食材ともピッタリでした。

バーバさん 柑橘系のスッキリしたお酒に、春野菜のかき揚げとの合性がとても良くて、お酒が進みました。
稲穂さん スッキリさっぱりしたじゃばら酒が春野菜のかき揚げや春キャベツの豚肉巻きにすごく良く合って、本当に美味しく頂きました。
さくらさん お酒好きなのでさっぱりとして、どんなお料理にも合い美味しく頂きました。花粉症予防にも良いと聞きましたので楽しめて飲めそうです。
ミルキーさん とても飲み易かったです。さっぱりとして飲み口なので、お肉類やかき揚げにピッタリでした。お寿司もチーズのコクがあったので、お酒の酸味と合いました。
きいちゃん お肉料理と合わせると、お肉がさっぱり味わえて良かったです。ビールと合わせて飲んでみたいなとも思いました。
Hさん さっぱりさわやかで飲みやすく、美味しく頂きました。こんなお酒は初めてでした。
こわりんさん 春のお料理にとても良くあって、美味しく頂きました。
ブータンさん 春野菜に良く合い、ジャバラの酸味が口の中をさっぱりさせ、とても美味しくいただけるお酒です。
ブブさん スッキリとした後味で、色々なお料理に合うと思います。とても美味しかったです。
apollo chanさん とても美味しかったです。喉ごしがたまらなかったです。春キャベツたっぷり豚ロール生姜風味と負いました。
すーざんさん 弥生の節句にぴったりのさっぱりとしたお酒でした。ちらしずしにも椀物にも、春野菜のかき揚げにもよく合って、食事がとっても美味しく感じました。相性抜群です。
みみさん さっぱりとした喉越しで口中にさわやかに広がりました。ちらしずしも一段と味を増し、春野菜が本当に美味しかったです。頂いて帰ります。
すみさん さっぱり感のお酒を美味しく頂きました。吉村さんのお酒はいつも「本当に美味しいです」心がこもっている感じが伝わってきます。
むくさん こんなに酸っぱいお味のお酒は初めてですが、本当に美味しかったです。春野菜たっぷりの和食の食前酒としても、食中にもかき揚げや肉料理にとてもよく合いました。

↑このページのTOPへ



生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2019年3月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白