HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 芒種の料理 「お手軽初夏の健康レシピ」

芒種の料理「お手軽初夏の健康レシピ」

夏に向かう体にアミノ酸たっぷりの日本酒を


食卓

初夏、草木の緑が青々と茂る今日この頃、今年は寒暖の差の激しい日々の繰り返しで、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?これからも、梅雨入りから真夏への季節の移り変わりの中、食欲も減退、そんな時には手軽に作れて栄養価も高い食事を心がけたいものです。

そこで今月は身体の中から元気になっていただける簡単レシピを3品ご紹介致します。

今月は、吉村さんから「夏に合うお酒のご紹介」をして頂きます。「せんの会」の「お手軽初夏の健康レシピ」との相性は如何でしょうか?


今月のお酒

車坂 涼の純米酒

夏に合うお酒をご紹介します。

車坂 涼の純米酒

原材料:米(玉栄)、米麹
精米歩合:65%、酵母:901
アルコール度:15.8、日本酒度:+3、アミノ酸度:1.0
酸度:1.8 

お酒解説

夏の暑さで食欲もなくなり、体力を奪われる体にとっては過酷な季節です。特に今年は節電の夏のため色々な工夫が必要です。そんな時、アミノ酸豊富な日本酒と健康レシピのおつまみで栄養を補給し、夏に負けない体力つくりをしましょう


精米歩合は65%と米の旨みたっぷりです。飲み口はすっきりするように少し加水していますが、アルコール高めなので氷をいれてロックでもいけます。溶ける氷で適度な水分補給もできるので酔いざめも爽やかです。
夏にぴったりの文字通り涼やかなお酒で暑い夏を乗り切りましょう!


今月のおもてなし

今月は梅雨の雨上がりをイメージしたお花を3点ご紹介致します。

寄せ植えのお花に蛇の目の傘を飾りました。 茶道具の「お風呂」にお庭の緑を活けて涼しさを表現しました。 紫陽花のそばには、骨董 蛙のお香合で季節感を添えました。
1. 2. 3.
  1. 寄せ植えのお花に蛇の目の傘を飾りました。
  2. 茶道具の「お風呂」にお庭の緑を活けて涼しさを表現しました。
  3. 紫陽花のそばには、骨董 蛙のお香合で季節感を添えました。

↑このページのTOPへ


今月の料理

鶏手羽先と大豆と彩煮

鶏手羽先と大豆と彩煮

この煮物1品で栄養満点

<分量>  
鶏手羽先 8本
醤油・酒 各大1
大豆(水煮) 1袋
れんこん 5cm
人参 1/2本
枝豆(三度豆) 適量
   
(A)  
だし汁 1.5カップ
日本酒 1/4カップ
砂糖 大3
みりん 大1
醤油 大3
   
針生姜 適量


1 手羽先は醤油・日本酒で下味をつけておく。大豆はさっと湯通しする。れんこん・人参は1.5cmの角切りにする。枝豆は塩ゆでし、さやから取り出す。
2 フライパンにサラダ油を熱し、手羽先を色よく焼く。
3 鍋に1.の大豆と野菜、2.の手羽先を入れて、(A)を加えて火にかける。煮汁が半分になったら、醤油を加えてコトコト煮る。
4 大皿にたっぷり盛り、枝豆を散らし、針生姜を飾る。

出来上がった煮物は一度冷ましてから温めなおすと、味がよくしみ込んで美味しくなる。

印刷用レシピページを表示


↑このページのTOPへ

切り干し大根ときゅうりのゆかり甘酢漬け

お買い物が面倒な時にも大助かり

<分量>  4人前  
きゅうり 1本
切り干し大根 15g
   
(A)  
大2
砂糖 大1.5
ゆかり 少々
白すり胡麻 適量

切り干し大根ときゅうりのゆかり甘酢漬け



1 切り干し大根はぬるま湯でもどし、水気を絞って食べやすい大きさに切る。
2 きゅうりは小口切りにし、塩を振ってしばらくおき、しんなりしたら水洗いし、しっかり絞る。
3 密閉容器に1.と2.を入れ(A)を加えてひと混ぜする。
ときどき混ぜながら15分くらい漬ける。

印刷用レシピページを表示


↑このページのTOPへ

塩辛のっけて冷ややっこ

酒の肴に最高

<分量>  4人前  
絹こし豆腐 1丁
キャベツ 大1枚
人参 1/2本
少々
塩辛 大2
青のり・薄口醤油 各適量

塩辛のっけて冷ややっこ



1 キャベツ・人参はせん切りにして塩もみする。さっと洗って、薄口醤油をたらす。
2 豆腐は4等分に切り、器に盛り、1.をのせる。さらに、塩辛をとろっとかけ、青のりをふる。


印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

管理栄養士のちょっと得ダネ!

胃腸を休めていますか?

胃と腸は食べ物を消化吸収し、老廃物を排泄する大切な器官です。
これらの器官はいつも動いているのではなく役目が終われば休みます。
が、3食しっかり食べた後に10時、3時、更に寝る前のおやつでは胃腸の休む時間がありません。
1回の食事から次の食事まで、少なくとも5〜6時間は空けましょう。
私たちが大好きなおやつは心を満たしても胃腸を弱らせ、その上肥満に繋がります。
心の満足は食べること以外で見つけたいですね。

  • バランスの取れた食事を1日3回決まった時間に食べる。
  • 自分の適量を知る。
  • 食事時間外の水分補給を忘れない(水かお茶がいいです)
  • 良く噛んで食べる。
  • なるべくストレスから離れた生活をする

これが胃腸を健康にする秘訣です。


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん

↑このページのTOPへ




生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2012年6月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白