HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > にほんしゅ日和。ぴったり料理。 > 小満の料理 「中華で楽しむ春のおもてなし風家庭料理」

小満の料理「中華で楽しむ春のおもてなし風家庭料理」

肉や濃い味もしっかり旨い、純米大吟醸


食卓

天候にも恵まれた今年のゴールデンウイークは如何お過ごしになられましたでしょうか?
新緑美しいこの季節、春は美味しい旬の食材も豊富ですよね。皆様の食卓にも春野菜や魚介をふんだんに使ったお料理が並んでいることでしょう。
「せんの会」のお教室では、旬の桜鯛や筍・生わかめ等を中華風味のタレをかけてさっと蒸した上品なお味の蒸し物やお酒にもご飯にもピッタリの炒め物など、どれも大好評!
今回は中華風の春レシピをご紹介させて頂きます。
吉村様からお送り頂いたお酒との相性は如何でしょうか?
旨口シスターズの批評も参考にご覧くださいませ。

今月のお酒

日本城 吟醸純米酒

日本城 吟醸純米酒

原材料:米・米麹、アルコール度:15度、
精米歩合:58%、内容量:720ml 

お酒解説

今年の造りでより一層旨みが増した当蔵の純米吟醸は、冷でもぬる燗でも濃い味の料理と抜群のパフォーマンスを発揮します。今回は美味しい中華との組み合わせということでこのお酒を選ばせていただきました。
料理を邪魔しないほのかな吟香が鼻腔から食欲をそそり、また上品な酸で中華の油を舌からスパッときりとり、次の料理へといざないます。ふくよかな米の旨みは料理のうまみと相まって酒と料理をさらなる高みへ登らせます。食中酒としての完成度の高さをぜひ皆さんの五感でご体験ください。



↑このページのTOPへ

今月のおもてなし

今月は端午の節句に合わせ、手作りのミニチュア鯉のぼりの人形を飾り、お庭の草花で知香流のお花を活け、江戸伝統玩具のミニチュア鯉のぼりも添えてみました。お玄関には端午の屏風に「金太郎」、壁には「青壺先生」の端午の節句の「兜」の色紙を飾りました。片隅のコーナーには、骨董の夏用竹細工のお櫃にグリーンをアレンジして、メンバーの皆様をお迎え致しました。

「たなかあつし」さんの木彫「金太郎」で知香流のお花 「青壺先生」の端午の節句の「兜」の色紙
1. 2.
端午の屏風と「たなかあつし」さんの木彫「金太郎」 手作りのミニチュア鯉のぼり 手作りのミニチュア鯉のぼり
3. 4. 5.
  1. 「たなかあつし」さんの木彫「金太郎」で知香流のお花
  2. 紙端午の屏風と「たなかあつし」さんの木彫「金太郎」
  3. 「青壺先生」の端午の節句の「兜」の色
  4. 手作りのミニチュア鯉のぼり
  5. 骨董の夏用竹細工のお櫃にグリーンをアレンジ

↑このページのTOPへ

今月の見どころ、勘どころ

テーブルコーディネート

今月は、インドのバティック柄を陶板に型押しした自作ランチョンマットとトルコブルーの板皿のセットでテーブルコーディネート致しました。印象的で刺激的なトルコブルーが上品な雰囲気を醸し出すように、その他の器の色は控えめにモノトーンに抑えました。
春野菜の自然の緑をうまく利用してテーブルに春らしさをイメージ、食卓は油絵のキャンバスのようなもの、器や食材で風景を創り上げます。これこそが、心の籠ったおもてなしではないでしょうか?!
では、春のおもてなしを中華レシピで3品ご紹介いたします。

↑このページのTOPへ


今月の料理

白身魚と春野菜の中華蒸し

白身魚と春野菜の中華蒸し

<分量>  4人前  
4切れ
塩・胡椒・日本酒 各少々
生ハム 4枚
生わかめ 適量
茹で筍 100g
せり(三つ葉) 1束
長ねぎ(斜め薄切り) 1本
プチトマト 6ケ
   
(A)  
日本酒・みりん・ポン酢 各大1
オイスターソース 大1
薄口醤油 小1〜2
胡麻油 大1
   
レモン 適量


1 鯛はバットに置き、塩・胡椒・酒をふって暫く置いて表面の水分を軽く拭く。
生ハム・筍は一口大に切る。わかめはサッと熱湯に通してざく切りにする。
せりは4〜5cm長さに切る。
2 深めの耐熱皿に1.の野菜・わかめ・生ハム・鯛を彩り良く盛り付け、(A)の調味料をかける。
3 蒸気の上がった蒸し器に2.を入れて10分程蒸す。
鯛に火が通っていることを確認して取り出し、レモンを添える。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

ピーマンと牛肉の黒酢炒め

牛肉と筍とアスパラの炒め物

<分量>  4人前  
ピーマン 4〜5個
牛薄切り肉 200g
   
(A)  
日本酒・片栗粉 各大1
醤油 小1
塩・胡椒 各少々
   
エリンギ 1パック
人参 1/4本
長ねぎ 1本
   
(B)  
黒酢・砂糖 各大3
醤油・みりん・水 各大1.5
片栗粉 小1
   
サラダ油 大2


1 牛肉は細切りにして、(A)で下味をつけておく。ピーマンは細切り、エリンギは石付きを落としてせん切りにする。人参はせん切り、長ねぎは斜め薄切りにする。
2 フライパンにサラダ油を熱し、1.の牛肉を入れて炒め、一度取り出しておく。
3 2.のフライパンに野菜を加えて炒め、しんなりしきたら牛肉を戻し入れ、(B)を混ぜ合わせて加えたれが絡んだら、器にこんもり盛り付ける。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ

レタスの肉味噌包み 雑穀米と!

レタスの肉味噌包み 雑穀米と!

<分量>  4人前  
レタス(サンチュ) 適量
   
(A)  
鶏ひき肉 150g
日本酒・みりん・砂糖 各大1.5
すりおろし生姜 小1
   
(B)  
味噌・水 各大2
   
万能ねぎ(小口切り) 2〜3本
雑穀ご飯 適量
大葉(せん切り) 適量


1 鍋に(A)を加えて混ぜ、火にかけてひき肉がポロポロになるまで混ぜながら火を通す。(B)を良く混ぜて(A)に加え、汁気がなくなるまでじっくり加熱し、万能ねぎを加えて混ぜる。
2 お皿にレタスを並べ、ご飯・肉味噌・大葉をのせて包みながら食べる。

印刷用レシピページを表示

↑このページのTOPへ


管理栄養士のちょっと得ダネ!

糖尿病予備軍

最近、糖尿病ではないがそのまま放置すると糖尿病になる可能性が大きい
(糖尿病予備軍)が10人に1人ぐらいの割合で存在すると言われています。
血液検査で「少し血糖値が高めですね。」「糖尿病予備軍ですね」
と言われたことはありませんか?
甘い物 ご飯やパン・めん類、アルコール類 そして油を使った物を食べ過ぎる
更には運動不足、ストレス、喫煙により次第にインスリンの働きが弱まり血糖値が高くなってきます。
最初は何も自覚症状がなく、放置される方が多いですが、糖尿病予備軍の人は動脈硬化を発症しやすくなります。
動脈硬化とは血管壁の細胞が死んでしまって硬くなった状態を言います。
動脈硬化も最初は何の症状もありません。
が、高血圧、脳梗塞 心筋梗塞 認知症など多くの病気の発症に繋がります。
肥満はさらに動脈硬化を進行させます。
糖尿病予備軍になっている人は何も症状がなくても早く食事や日々の生活を見なおしましょう。
〇1日3回バランスの取れた食事を決まった時間に適量食べる。〇おやつは3時ごろに少しだけ。〇体を動かす。〇早寝早起きをする 〇ストレスを溜めない。
それ以外に改善法は今のところありません。


料理教室「せんの会」に通う、管理栄養士 藤田みや子さん




旨口シスターズの辛口批評

今月の旨口シスターズです。お酒と料理の感想をききました。

旨口シスターズ 旨口シスターズ 旨口シスターズ

M.Nさん すっきりと何にでも良く合う万能的なお酒です。
ヤンマさん しっかりとした味付の中華風の料理にちょっとサッパリ系のこのお酒がぴったりでした。
うめこさん 癖がなくて、どんな料理にも合いそうです。(食前にピッタリ感)本日の中華やエスニック風の料理を邪魔せず飲み易かったです。
らこさん お料理の邪魔をしない、かといって深い味のあるお酒でした。
kimiberryさん 今日のお酒はスッキリとして、味の濃いピーマンと牛肉の黒酢炒めとぴったりでした。中華にも日本酒いい感じですね!
SAKURAさん 最初の一口から飲み易いお酒です。グッと喉に来るものがないのでゆっくり味わえました。後味がもう少し爽やかだと、もっと飲みやすく美味しく味わえそうです。
ピンクさん 白身魚と春野菜の中華蒸ととてもよく合って、しっかりしたお味のお酒で美味しかったです。中華料理の結構濃いお味にも合うお酒だと思います。
五月の風さん 癖がなく、でも優しいお味でした。ピーマンと牛肉の黒酢炒め、レタスの肉味噌包みなどしっかりしたお味のお料理と良く合うと思いました。
ケーチンさん まろやかで飲み易いお酒でした。中華のお料理にとてもよく合う日本酒でした。美味しかった!
かずちゃんさん 口をつけたら、ふわっと良い香りがして、スッキリした美味しいお酒でした。お肉にもお魚にもよく合うと思います。
のんちゃんさん 口当たりが良く、お料理との相性ばつぐんです!白身魚の優しい味わいにも合えば、肉味噌の濃い味にも合います。美味しい!!
クリスピーさん 白身魚と春野菜の中華蒸とお酒がとても美味しかったです。お酒がとても進みました。
Timoさん 肉味噌等の濃いお味をおつまみとして頂いた後にこちらの日本酒を合わせると、後味がとても甘みを感じることができ、とても美味しかったです。
SILKさん 白身魚と春野菜の中華蒸のあっさりとしたお味にもお肉にも良き合って美味しかったです。
SAKURAさん とてもかろやかなお酒でした。味の濃い中華風のお味と共にでしたが、次のお料理に進むとき、口の中もスッキリするような感じがしました。また、白身魚と春野菜の中華蒸のような軽い中華風の味のものにもさっぱりとすっきりと美味しいお酒でした。
AKOさん 今日のお酒は口当たりが良く、とっても飲み易かったです。白身魚と春野菜の中華蒸と相性が良く、お酒もとても良く進みます。
マル―ナさん 一口、まったりとした口あたらに感じました。もちろん日本食にも合うと感じましたが、本日のピーマンと牛肉の黒酢炒めのような、しっかりとした味のお料理にも負けず美味しく頂けました。
キャサリンさん スッキリとした中にも、まろやかさがあり美味しかったです。
YUKIさん 食前酒としても食中酒としても、お料理がとても美味しく頂けました。中華との相性もピッタリでした。
土練り15年 さん いつもと違うラッピングがプレゼントにも喜ばれそうでした。お酒は中華風のしっかりとしたお味を引き立て相性も良く、優しいお味のお料理に進むときの食中酒としても、良い効果を発揮していました。とても美味しかったです。

↑このページのTOPへ




生山久陽先生

生山久陽先生

自宅にお客様をお招きしているうちに「料理を教えて欲しい」と言われて、「せんの会」料理教室を開くことになった生山さん。教室では、食を通じて「おもてなしの心」を伝えたいと、料理のアイデアばかりでなく、その料理を活かす器や季節のしつらえのコーディネートも楽しめる。隠れ家レストランのような教室は、癒しの空間でもあり、日常に新たなスパイスを与えてくれる。

このコラムでは、毎回、当店のお酒と先生の食にまつわるアイデアがコラボし、たくさんの生徒さんといっしょに食に関する「アハ」体験を提案します。

(2016年5月掲載)




「にほんしゅ日和。ぴったり料理」TOPへ

空白