HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME 日本酒を知る・楽しむ > 燗燗楽学〜お気楽燗酒のススメ〜 > 1月のお題 「車坂 純米吟醸 和歌山山田錦(18BY)」

1月のお題 「車坂 純米吟醸 和歌山山田錦(18BY)」

これぞ、地酒。

和歌山で育った山田錦で仕込んだ純粋な地酒

あけましておめでとうございます。

今年も、皆様に日本酒をより美味しく楽しんでいただけるようにと願い・・・まずは自分が楽しく美味しく飲んでいきたいと思います(笑)。

今回は、地元和歌山産山田錦で仕込んだ純粋な地酒「車坂 純米吟醸 和歌山山田錦(18BY)」をご紹介します。



常温では、酸と甘みが良いバランス。

まずは常温でひとくち。
まずは常温でひとくち。

まずは常温(15度前後)でひとくち。

去年の夏までは、非常に固い味わいで酸が目立ち、バランスが整っていない印象でしたが・・・アタックは、お米の甘みが感じられます。旨味はまだこれからの熟成待ちといった感じですが、その分スッキリ感があります。酸は、夏の頃よりはずいぶん落ち着いて、甘みとのバランスがとれています。

香りは、純米吟醸のわりには非常に控えめで、食べ物を邪魔しない食中酒らしさを感じます。

お正月でややお疲れ気味の胃にやさしい、野菜のアテにも合います。



50度。酸を思わせる香りと、お米由来のまるみのある香りが広がる。

変わり野菜炒め

さてお燗です。いつものように50度まで上げてみます。

香りが立ってきました。酸を思わせる香りと、お米由来のまるみのある香りが広がります。

口に含んでみると、常温で感じた甘みは感じるものの、すぐに旨味酸味と入れ替わります。若さのある旨味と酸味が、間にかすかな甘みをはさんで続き、後半はキリッと酸が引き締めて、旨味の余韻を切ってくれます。

この温度では、お酒自体はかなり強い印象ですので、高い温度でのお燗がお好きな方以外は、あまりおすすめできないかもしれません。

変わり野菜炒めの野菜の苦み、塩胡椒のスパイスによる辛みと苦みに対してはアクセントとして、隠し味のいしる(魚醤)の旨味に対しては補うように、お酒との相乗効果が楽しめます。



人肌燗。旨味と酸味が飲み応えを感じさせる。

蕪葉と山っこしいたけ鰹の酒盗和え

蕪葉と山っこしいたけ鰹の酒盗和え

やや待って、人肌燗(35度前後)になった頃に、ひとくち。

この温度で、甘みを一番強く感じます。旨味とのバランスも良く、途中から含み香も鼻腔へ抜け、旨味と酸味が飲み応えを感じさせます。

蕪葉と山っこしいたけ(飛騨高山産の大きな椎茸)鰹の酒盗和えといただきます。

椎茸と酒盗、そして出汁として使われた日本酒の圧倒的な旨味に、本当によく合います。蕪菜の甘みと苦みが心地良く、酒盗の塩辛さが次の杯へと誘います。



今回のポイント

辛口好みなら、常温で。お刺身にもよく合います。
ほっこりゆるゆると味わうなら、人肌燗で。野菜のお浸しから魚の煮物まで、幅広く受け止めてくれます。
まだまだ胃が元気な方なら、思い切って熱燗で。唐揚げや天麩羅など、アツアツの料理と一緒にお楽しみ下さい。



■撮影協力

蔵朱

大阪市中央区南新町2−3−1
スタークィーンビル2階
06−6944−5377
http://crush.or.tv/

■ 車坂 純米吟醸 和歌山山田錦(18BY)

車坂 純米吟醸 播州山田錦

当蔵では、認定に先立ち和歌山での山田錦の栽培に取り組みました。
純米吟醸ならではの優しい甘い香り。しっかりした旨味酸味が口に広がります。

>> 詳しくはこちら





「燗燗楽学〜お気楽燗酒のススメ〜」TOPへ

空白