HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

3店目「“かんばん”親父のいるお店」

「千と千尋の神隠し」をご存知の方なら「こんなお店で一杯のみたいなあ」と思わず叫んでしまうかも。

カウンターには大皿料理が4-5種類おいてあり、どれも食欲をそそります。
また、カウンター横のおでん鍋にはおでんが山盛り、糸こん、はんぺん、ごぼてん、たまご・・味は薄味関西風。「東京で関西かよっ!」とお叱りをいただくかもしれませんが、やっぱり料理は関西の薄味がいいと思うわたくしは、「ハイ、生粋の関西人」です。

おでん 日本城が並ぶ 親父さん

日本酒は、「日本城」がどでーんと置かれていますが、純米などの裏メニューもあります。 熱燗を頼むと、一升瓶から適量を片口にとって巨大な錫徳利に流し込み、おでん鍋の横で湯煎です。燗番の親父さんは、熱くもなく、ぬるくもない絶妙な飲み頃を、ぐい呑み茶碗に黙って注いでくれます。この一連の動作には、無駄がなく、まるで茶の湯の所作のようです。注ぐ時の「トクトク」という音が「さあ、ノメノメ」と聞こえ、呑み助の私は、居酒屋ワンダーランドに突入です。

地鶏炭焼 虎坊

お店の入り口の写真は敢えて載せません。伊勢丹界隈をぶらつきながら探し当ててください。親父さんとの会話を楽しむためには一人でぶらり。グループで行く時も、お店の雰囲気に馴染むには2-3人までがベストでしょう。

親父さんは紀州出身で、当蔵の先代社長とも旧知の仲。 日本酒は、ずっと日本城一筋に使っていただいている、当蔵にとって大恩人のお店です。

取扱弊社製品 :日本城、日本城純米酒、他

上燗屋 富久
住所:新宿区新宿3−12−4−107
最寄駅:新宿3丁目駅から徒歩3分
電話:03-3350-6729 営業時間:17:00−22:00 定休日:日曜日




「日本酒を呑みたくなる店さがし」TOPへ


空白