HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

6店目 仲買いの魚介で一杯

お初天神と言えば、大阪人なら「ああ、あそこ」というくらい有名な神社ですが、正式名称は、露天神社(つゆのてんじんじゃ)、創建以来1000年以上の歴史のある古社です。ご祭神は、少彦名大神と菅原道真様。江戸時代に、日本のシェークピア近松門左衛門の書いたお初と徳兵衛の物語「曽根崎心中」で有名となり、お初天神と呼ばれるようになりました。

露天神社 中央卸売り市場仲買いの店 壱信

そのお初天神社務所の横小道を入ると妖艶な風情を残す門前飲み屋街があります。入り口から5mほど進むと赤い壁に「中央卸売り市場仲買いの店 壱信」と書いた木彫り看板がすぐ目に入ります。

15人ほどがダーク状態で入ると、中は満員電車の立飲み処です。
この店定番のお酒と刺身で先ずは一息ついてください。それから店内を見渡し、カウンターのショーケースを覗くと、さすが仲買の店、魚介類のみごとさに驚かれると思います。魚とくればやっぱり日本酒ですね。もちろんお酒は日本城。一杯頼むと塗り枡に鎮座したグラスにあふれるほどついてくれます。肴も本格的、さらにおいしいお鮨もあり、閉店間際は、ショーケースがほとんど空になるという繁盛ぶり。「なるほどクチコミだけで人気店になるわな」と頷いていただけます。ふところが寂しい時は、千ベロも可能かもというところが、味と価格にうるさい大阪人の舌を日々満足させる秘訣です。

日本城と一緒に ネタケースに並ぶ新鮮な魚介類

冬は、当店の初しぼりと燗酒が大人気です。夏は和歌山特産の梅酒を始めとする和リキュールも豊富な品揃えで女性の常連さんにも好評です。

風よけだけでドアはありませんから一見さんも気軽に入れ、すぐにお隣さんと飲み友達になれます。

常連さんは皆さん、店長の津川さんから元気をもらい、次の店に繰り出すため、長居はしません。満員の時は、二階「福信」でお腹を満たして帰りに寄るか、30分ほど一回りされて覗かれるのがいいでしょう。


立飲み処 壱信 お初天神店
住所 大阪市北区曽根崎2−5−37
営業時間 11:00〜13:30 17:30〜22:00
電話はありませんので、御用の時は、お店まで
定休日 日祝




「日本酒を呑みたくなる店さがし」TOPへ


空白