HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白

第五十六便「吉村秀雄商店創業100周年の会」

大正4年の創業以来、今年で当社も100周年を迎えました!
これもひとえに、当社のお酒をご愛飲していただける皆様のおかげと感謝申し上げます。

先日、100周年・感謝の会を開催させていただきました。
その宴の模様とスライドの写真をご紹介します。

今後とも日本城・車坂をよろしくお願いします!

100周年の会

100周年の会

たくさんの皆さんに集まっていただき、ご祝辞を頂戴しました。


お酒の案内

当社スタッフがご参加の皆様にお酒の説明と提供をさせていただきました。



創業時の家族係累

創業時の家族係累

代々、生糸を扱っていた吉村家の末子として秀雄誕生、酒造りを家業とするため、尋常小学校卒業後、灘の酒蔵に修行に行く。

秀雄の教育にかける情熱

秀雄の教育にかける情熱

尋常小学校しか出られなかった秀雄は岩出の人材育成には教育が必要であるとの熱き思いから岩出中学校設立に酒造りと同様の情熱を注いだ。校内は秀雄の業績をたたえる碑が残っている。

創業当時の銘柄

創業当時の銘柄

地元をこよなく愛す秀雄の酒、最初の銘柄は「根来桜」であった。

歴代社長

歴代社長

秀雄の次、一代目社長はその善雄が継ぎ、二代目はその妻、久喜、現四代目社長は当社生え抜きの安村勝彦である。


スライド「岩出の紹介」

根来寺

根来寺

「唯一の秀吉と戦った真言宗の総本山」である覚鑁上人が開祖した新義真言宗根来寺は岩出市民の誇りである。

岩出の名の由来

岩出の名の由来

紀ノ川は昭和に入るまで奇岩が多く風光明媚な土地であった。その名残が残る船戸弁天の後背岸辺

岩出の奇祭・よみさし祭り

岩出の奇祭・よみさし祭り

江戸時代より続く、夜中に行われる祭、昔は見ると目がつぶれるというので参詣者は声だけを聴いていた。


スライド「101年目の当社」

やる気まんまんの藤田杜氏

やる気まんまんの藤田杜氏

今年は釜場の新設もあり、闘志をみせる

これからの100年を見据えて

これからの100年を見据えて

世界同時刊行の雑誌や映画の取材も積極的に参加し、日本酒が国酒として世界中の人々魅惑する酒になるよう努力する。


これからも『旨し酒造りの吉村秀雄商店』をよろしくお願いします。


取材もしていただきました。

酒販店新聞社様

100周年の会

醸界タイムズ社様


 




「蔵の定期便」TOPへ

空白