HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOME製品情報 > 日本城 > コンセプト

【日本城】創業者吉村秀雄が、大好きな和歌山城を見上げながら閃いた名、日本酒『日本城』。 その名には、世界にその名声が知れ渡るような酒造りがしたい。私たちの日本酒が、日本のランドマーク(城)となるようにとの思いが込められております。

日本酒を愛される方に。適切な価格にて多くの方にお届けしたい。


株式会社吉村秀雄商店は大正4年(1916年)に創業。創業者の吉村秀雄がこよなく愛した和歌山城。和歌山城を散策しながら決めた銘柄それが『日本城』。
当時は日本が世界に目を向け始めた時代でした。「日本には、日本城といわれる銘酒がある」とその名を世界に轟かせたいと決意し名付けました。創業の理念を今も受け継ぎ、創業当時の土蔵にて妥協のない酒造りをしております。こだわりの酒を手造りにて年間僅か一升瓶換算で5万本だけ限定生産しております。




お陰様で私どものこだわりは、和歌山県内最多となる全国新酒鑑評会での10度の金賞受賞(2005年現在)や『特選街』主催『全国日本酒コンテスト』においても6度の日本一に輝くなど高いご評価をいただいております。
現在では、海外からの要望に応えてアメリカ、ドイツ、メキシコ等への輸出も行っております。創業者の想いを夢で終わらせないと今もなお努力を続けております。


飲み飽きしないお酒をお届けしたい。


飲み飽きしないお酒をお届けしたい。
金賞を10度受賞した林本杜氏の大切にしている価値観です。その味わいの特徴はアマ・カラ・ピンと例えられ、甘みに通じる旨味があって、キリッとした辛みの味わいと、後口にしゃきっとした酸が存在感を示して杯が続く飲み飽きない酒が信条です。
創業以来の銘柄『日本城』では、愛し続けてくださるお客様のために派手さではなく、しっかりとした杜氏の技をご堪能いただけるよう日本城らしさとは何かを、常に問い続けながらこれからも日本城を造って参ります。

イメージ


本格地酒の多彩なラインアップ

弊社の代表ブランドである日本城は、酒質の違う商品を多彩に取り揃えております。
どれを選んでよいか迷ってしまう、そんな時のために味わいの比較表をご用意いたしました。どうぞ、ご参照下さい。

※本味わいの比較表は、当蔵の酒の中での相対的な位置を示したものです。
※カーソルを商品写真に乗せると、品名が表示されます。また、クリックするとオンラインショッピングの詳細ページへ進みます。
※商品の詳細は、オンラインショッピングの詳細ページをご参照下さい。

吟醸純米酒 極上純米酒 特別本醸造 初しぼり 生酒(アルコール13度) 大吟醸 極上大吟醸酒 大吟醸(木箱入り) 大吟醸(精白度35%)


コンセプト|ご評価

空白