HOME会社概要特約店よくある質問お問合せサイトマップ
日本酒を知る・楽しむ吉村秀雄商店の魅力製品情報オンラインショッピング
空白
HOMEよくある質問 > 商品について

よくある質問

送料について 送り先や発送日について 贈答品について
支払い方法について 返品や交換などについて ・商品について
メールについて プライバシーなどについて 弊社のサービスについて
ご来店について    

商品について


Q1: 日本酒の賞味期限はどれくらいですか?
Q2: 日本酒の保存方法は?
Q3: 日本酒の美味しい飲み方を教えて下さい。


Q1: 日本酒の賞味期限はどれくらいですか?
A1: 日本酒には法律で定められた賞味期限というものはありません。
その代わりに製造年月を表示することが義務づけられております。しかし、あくまでお客様への目安であり、古ければ体に悪いかというとそうでもありませんし、古ければまずい訳でもありません。保管の状況やお客様の好みにもよりますが、保管が良ければ熟成が進み、古ければ古いほど美味しいということもあります。日本酒のフルーティーな香りや、透き通るような旨さを感じたい場合には、開栓後は早めに飲まれることをお勧め致します。
品質ではなく、香りを保持しようと思うと難しく、冷蔵庫でも一週間程度だと思います。(納豆やキムチが入っていますとニオイがお酒につく場合がありますご注意を!)香りがなくなっても美味しい酒は美味しいのであまり神経質にならなくても大丈夫です。
但し、ご注意頂きたいのは、にごり酒でもないのに濁っている場合、酸っぱい味がする場合は、お酒が痛んでおりますので飲むのをやめて下さい。
このページのTOPへ
Q2: 日本酒の保存方法は?
A2: 冷蔵庫での管理がベストです。特に生酒・生貯蔵酒は冷蔵庫でなければ痛みますのでご注意下さい。生酒・生貯蔵酒以外は、冷蔵庫が無理な場合は直射日光を避けて冷暗所で管理して下さい。太陽は大敵です。お酒に色が付きます。温度が高いと老ね香(ヒネカ)という独特の匂いがするようになってしまいます。空気に触れると変化致しますので、一升瓶も残り僅かになったら、4号瓶や1号瓶に移すなどされると、蔵元としては涙が出るほど嬉しい管理方法です。
このページのTOPへ
Q3: 日本酒の美味しい飲み方を教えて下さい。
A3: なかなか難しいご質問ですね。日本酒は様々な温度で楽しんで頂ける世界でもめずらしいお酒です。下は、5度程度、上はふぐのひれ酒など火がつくほどでも楽しんで頂けます。食事や季節に合わせていただいたり、香りを楽しみたいお酒であれば少し冷蔵庫で冷やして頂いたり様々です。また、器も陶器のもの、ガラスのもの、等により様々に変化して楽しいですよ。メールでご質問頂きましたらできる限りご相談に乗りますのでお気軽にご相談下さい。一番なのは、大勢の気の合う仲間と楽しく飲むことかもしれませんが。
このページのTOPへ

空白